Read Article

ニキビ跡の赤みを薬(市販)で治せ!タイミングが大事!!

ニキビ跡の赤みを薬(市販)で治せ!タイミングが大事!!

できてしまった、ニキビ跡の赤み。ニキビ跡の症状としては、軽い症状と言われ、家庭でのケアで治せると、されています。
では、治す方法として、ドラッグストアや薬局などで売られている、市販の薬を使用するのは、どうなのでしょうか?
効果的な方法とは…?ニキビ跡の赤みに焦点を当て、考察していきたいと思います。

ニキビ跡の赤み

ニキビ跡の赤みは、ニキビが治っても、皮膚の中にまだ、炎症が残っている状態です。
つまり、ニキビが、又、できてしまう可能性もあり、処置せずにそのままにしておくと、悪化し、色素沈着型のニキビ跡になってしまう恐れがあります。
ニキビ跡は、進行してしまうと、治すのが困難になり、非常に厄介です。

冒頭でもお伝えしたように、ニキビ跡の赤みは、まだ、軽い症状のため、家庭でのセルフケアで、治すことが可能と言われています。
「今が、治すタイミング!」と、心得て、取り組むことが、大切なのです。

では、ニキビ跡の赤みを治すには、どのような事が、ポイントとして、挙げられるのでしょうか?
まずは、ニキビができる原因について、考えてみましょう。
紫外線、偏った食生活、間違ったケア、不規則な生活習慣、ストレスなど。
このように、ニキビができる原因には、様々な事が関係しています。

ニキビ跡は、同じ箇所に、繰り返しニキビができ、肌へのダメージが進み、その結果、跡として残ってしまいます。
ニキビが、最初にできた時点で、きちんと対処をしていれば、問題はないのですが、何もせず、放置しておくと、悪化させてしまうのです。
なので、ニキビ跡の赤みを治すには、

①炎症を抑えること
②保湿をすること

この2つがポイントとなります。

ニキビ跡の赤みを治す方法としては、

*市販の薬を使用する。
*ニキビ跡専用のケア商品を使用する。
*生活習慣を改善する。

主に、この3つが、挙げられます。

市販の薬は、ドラッグストアや薬局などで、手軽に購入することができますが、患部にだけ使用するものが多く、お顔全体のケアをすることができないのが、難点。又、ステロイドが、含まれている塗り薬もあり、長期的に使用できないものもあります。
他には、万が一、使用して合わなかったとしても、返品できないのも欠点です。

ニキビ跡専用のケア商品は、ネット通販などで、よく売られています。
ニキビ跡専用に開発された商品なので、安心して使用でき、日数指定などはありますが、返品保証などが付いているものもあります。
又、長く使用することも可能です。

ニキビができる原因からも分かるように、生活習慣とニキビは、密接な関係にあり、見直し、改善していくことで、ニキビのできにくい肌へと持っていくことが、可能です。
これは、薬を使用しても、ケア商品を使用しても、並行して行うべきです。
そうすることで、効率よく、ニキビ跡を治していくことができるのです。

では、市販の薬について、お話していきましょう。

ニキビ跡の赤みに効く、市販の薬

ドラッグストアや薬局などで、売られている、ニキビ跡の赤みに効く薬には、塗り薬と飲み薬があります。
塗り薬を選ぶ際には、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高める効果のあるもの、飲み薬を選ぶ際には、シミを改善する効果のあるものなどを選ぶといいでしょう。

ニキビ跡ができてしまった肌は、新陳代謝が上手く行われていない状態にあります。
なので、この代謝を高めることによって、赤みの改善ができるということになるのです。
ここでは、ニキビ跡の赤みに効くとされる塗り薬と飲み薬を、3つご紹介します。

まずは、塗り薬。

「IHADA プリスクリード AA」

第2類医薬品。資生堂の商品です。ステロイドは、入っていません。
炎症を鎮め、肌の新陳代謝を高めてくれる効果があります。
無香料、無着色。ビタミンA油(代謝を高めます。)、ウフェナマート(炎症を鎮めます。)などを配合。
12g 1,800円  30g 4,500円 (税抜き価格)

次は、飲み薬。

「ペアA錠」ライオン株式会社。

第3類医薬品。大人ニキビや肌荒れに効く、飲み薬です。
生薬ヨクイニン、L-システイン、5つの有効成分を配合し、炎症を抑え、肌の新陳代謝を促してくれます。
60錠(30日分) 1,440円   120錠(60日分) 2,700円 (本体価格)

「チョコラBB ルーセントC」

第3類医薬品。耳にしたことがある方も、いるのでは?
シミ、そばかすの緩和。アスコルビン酸(ビタミンC)、L-システイン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE などを配合。
お肌に良い成分が、たくさん含まれていますね。
肌の新陳代謝を正常化してくれます。
120錠 3,065円  180錠 4,093円 (税込み価格)

悩んだり、不安がある場合は、薬剤師さんに相談されるといいですよ。
アドバイスをして頂けると思います。
薬の使用は、治ったら、止めましょう。

ニキビ跡の赤みを治すには、生活習慣の改善を!

ニキビ跡の赤みを治すには、生活習慣を改善するのも、効果的な方法です。
ニキビ、ニキビ跡を作る原因を生活習慣から、取り除いていきましょう。
特に、偏った食生活、睡眠不足、間違ったケア、ストレス、紫外線対策をしていない、などは、厳禁です。

では、どのような生活を送ればいいのか、ご紹介していきましょうね。
ニキビ跡の赤みを治す生活習慣。

①バランスの良い食事をしましょう。
特に、ビタミンの含まれる食材を取り入れて、ニンジン、赤パプリカ、ブロッコリー、いわし、納豆、キウィ、アボカド、ナッツ類など。
脂物、甘いもの、アルコール、刺激のあるものは控えて。

②質の良い睡眠をとりましょう。
肌の新陳代謝を整える為には、睡眠は、重要ポイント。6時間以上は、眠るようにしましょう。
眠りの質を上げる為に、眠る前のパソコンやスマホなど、ブルーライトを避けるようにして下さい。

③正しいスキンケアをしましょう。
メイクや汚れが、きちんと落とせていないと、毛穴に溜まり、ニキビを招いてしまいます。
クレンジング、洗顔は、こすらず、優しく、丁寧に行いましょう。
スキンケアでは、保湿を忘れずに。ニキビ跡専用のケア商品でのお手入れが、お勧めです。

オススメのケア商品は、

「b.glen(ニキビ跡ケア)」

ニキビ跡専用のケア商品として人気があり、リピーターの多い、ビーグレンです。
炎症をケアして、肌の新陳代謝の促進をサポート、なめらか肌へと導きます。
トライアルセット(1,800円)もあり、365日返品保証もありがたいですね。
b.glenの公式サイトをチェック↓↓↓
ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

④ストレスを溜めないようにしましょう。
ストレスや疲れは、肌荒れのもと。適度に発散、疲れは残さず、その日のうちに、取るように心がけましょう。

⑤紫外線対策は、オールシーズン行いましょう。
紫外線は、一年中、降り注いでいます。
春夏はもちろんのこと、秋冬も忘れずに。刺激の少ない、オイルフリーなどの日焼け止めを使用し、日差しのキツいシーズンは、帽子、日傘で、更に対策を!

以上が、生活習慣の改善方法です。
ご自身の不足している事を、実行していきましょう。

最初は、やや、大変に思う方もいるかもしれませんが、慣れてくれば、習慣化してくるはずです。
大切なお肌のために、頑張りましょう。

ニキビ跡の赤みを薬(市販)で治す? まとめ

「ニキビ跡の赤みを薬(市販)で、治すのは…?」について、お届けしてきました。
ニキビ跡の赤みを治すには、長期的に続けることが、必要とされます。
すぐに治るものではありませんし、治ったとしても、予防していくことが、大切です。

そうすると、市販の薬よりも、生活習慣を改善していきながら、ニキビ跡専用のケア商品を使用する方が、妥当ではないか…?と、私は、考えたりもします。
なぜなら、スキンケア商品は、毎日、必ず使用するものだからです。
専用の商品は、予防することもできますし、長く使用することも可能です。

もちろん、ニキビ跡の状態は、人それぞれ違っていて、治り具合や、その後の経過にも個人差があるので、一概には言えませんが…。
よく考えて、それぞれに合った、治し方を取り入れてみて下さい。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top