Read Article

ニキビ跡の直し方~赤みとクレーター編~

ニキビ跡の直し方~赤みとクレーター編~

なかなかやっかいな、ニキビ跡。直し方が、分からなくて、困っていませんか?
ニキビ跡は、状態によって、直し方が違ってきます。
ここでは、“赤み”と“クレーター(肌が、でこぼことした状態)”と呼ばれる、ニキビ跡の直し方をお伝えしていきます。
状態に合った、対処法を理解して、つらいニキビ跡を直していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡とは、肌におきた炎症や傷の状態の事などを言います。
何度も同じ箇所にニキビができて、炎症が繰り返されたり、ニキビを潰したりすることで、ニキビ跡はできます。
つまり、最初にニキビができた時点で、きちんと対処をすることで、ニキビ跡を防ぐことができるのです。

できてしまったニキビ跡を治していくには、ニキビがこれ以上できないように対策をすることも大事です。

ニキビは、様々なことが原因で、できてしまいますよね?
例えば、疲れやストレス、寝不足、食習慣など。つまり、今の生活習慣を改善することで、ニキビのできにくい肌にすることができるのです。

具体的に言うと、

①バランスのとれた食事
脂っこい物や甘い物の摂り過ぎは、ニキビができる元。ビタミンC、E、タンパク質を摂るようにしましょう。
ビタミンCは、生で食べられる物がオススメです。
水分補給も大事。
野菜中心の食事を心がけましょう。
おやつには、ドライフルーツやナッツなどがオススメです。

②しっかりと眠る
お肌の新陳代謝(ターンオーバー)は、夜に行われます。
最も働く時間は、午後10時~午前2時。この時間帯に、ぐっすりと眠ることで、肌環境が整うという事を、覚えておきましょう。

③軽めの運動をする
ウォーキングやストレッチなど、体を動かして血行を良くし、新陳代謝を高めましょう。
ぬるめの湯船につかるのもいいですね。

その他としては、紫外線対策をきちんと行い、肌に優しい日焼け止めの使用(オイルフリーのもの。)、更に、帽子、日傘などでカバーすると安心ですね。

それでは、ニキビ跡の直し方を、“赤み”と“クレーター”に分けて、ご紹介していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

ニキビ跡の直し方~赤み編~

“赤み”のニキビ跡は、ニキビ跡の中では軽い状態です。
肌が弱くなって、ターンオーバーの乱れや毛細血管が傷つくことによってできます。
炎症が、肌の中に残っている状態です。
なので、直し方としては、炎症を抑えることと、ターンオーバーの改善ですね。

オススメの化粧品は、「ビーグレン(ニキビ跡ケア)」
雑誌でも取り上げられ、リピーターも多く、話題となった商品です。
炎症をケアし、ターンオーバーの改善にも効果を発揮、なめらかな肌へと導いてくれます。(洗顔、化粧水、美容液、クリーム)
公式サイトから購入できます。

肌の状態を見ながら、使用していきましょう。
異常を感じたら、使用をやめて下さいね。

生活習慣の改善も一緒に行いましょう。
なかなか、改善されない場合は、病院への受診も検討してみましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

ニキビ跡の直し方~クレーター編~

“クレーター”とは、炎症が強くて、肌の奥深くまでダメージを受けていることが多く、肌がデコボコになっている状態の事を言います。
レーザー治療を行っても完治が難しいとも言われています。
ですが、毎日、ケアを続けることで、悪化を抑えることはでき、目立たない状態へと持っていくとが可能です。
長期的な視野が必要です。

クレーターには、3つの種類があります。

①アイスピック型
名前の通り、アイスピックを刺したような、小さな穴ができている状態。

②ローリング型
へこんだ状態のもの(直径が4㎜以上)。

③ボックスカー型
箱型のように、四角にへこんだ状態。

最初にもお伝えしたように、生活習慣の改善にも取り組みながら、合わせて、化粧品の使用もしてみて下さい。
化粧品を選ぶポイントとしては、保湿、ハリ(コラーゲン、ポリフェノール)、美白(ビタミンC)成分の入ったものを選びましょう。
又、長期間、使用するので、肌に優しく、続けられるものを選ぶこともポイントとなりますね。

オススメ化粧品は、

「リプロスキン」
化粧水です。コラーゲン、米ぬかエキス、ヒアルロン酸、ダイズエキスなどを配合。無添加(6つ)。保湿効果もあり、なめらか肌へと導きます。
公式サイトから購入できます。
新発想!!ニキビ後ケア 導入型化粧水!

「C-マックスローション」
ビタミンC誘導体、ビタミンA、ローズマリーエキスなどを配合。
敏感肌にも対応。ニキビ予防にも効果があります。
公式サイトから購入できます。

様子を見ながら、使用していきましょう。
異常を感じたら、使用をやめて下さいね。

改善されない場合は、病院への受診を考えてみられてもいいかもしれませんね。

まとめ

「ニキビ跡の直し方~赤みとクレーター編~」について、書いてきました。
お肌は、とてもデリケート。体調を崩したり、疲れが溜まったり、ストレスを抱えすぎたり、食べた物などによって、すぐに肌荒れを起こし、ニキビができてしまいますよね。
悪化するのも早いです。

ニキビ跡ができているなら、なおさら、お肌はデリケートになっています。
食事で、お肌に栄養を与えて、しっかりと睡眠をとって、ターンオーバーを整えてあげましょう。

化粧品を使うときは、様子を見ながら、特に敏感肌の方は、少量ずつから始めてみて下さいね。
異常を感じたら、使用をすぐに停止しましょう。

生活習慣の見直しと、毎日の正しい丁寧なケアが、ニキビ跡を改善していってくれます。
心身共に健康な状態が、肌の健康にもつながります。
焦らず、肌の状態を見ながら、進めていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top