Read Article

汗をかかない方法!紐ひとつで簡単に汗をコントロールできる裏技

汗をかかない方法!紐ひとつで簡単に汗をコントロールできる裏技

人より汗をかきやすい体質の人はいますよね。

暑いときや緊張したときに人は汗をかきやすくなります。
そんなとき、かんたんに汗をかかない方法や裏技はないかと思いませんか?

実は、紐ひとつで汗をかかない方法があるのです。

これは、京都の舞妓さんも実際に行っている方法です。
どんな方法でなぜ汗をかかないのかについて説明していきます。

 

【スポンサードリンク】

 

汗の役割り

私たちは夏だけ汗をかいているわけではなく、日々汗をかいているのです。
汗は人の体温調節をおこなうための大事なはたらきをしているのです。汗をかかないと体温はどんどん上がってしまい、人は生きていけなくなります。

また、汗はからだ全身から出ます。人によっては汗をかきやすい部分もありますよね。

例えば、顔やわきの部分です。

顔やわきは人からみても分かりやすく、気づきやすいです。
顔やわきの汗をかかない方法があるととても便利ですよね。

ヒントは舞妓さん

顔やわきの汗をかかない方法。

それは、舞妓さんが実際に利用している方法です。
京都といえば舞妓さんと連想するほど有名ですよね。
舞妓さんは白ぬりの化粧をしていますが、不思議なことに化粧がくずれません。

その理由はなぜでしょう。

実は舞妓さんが着ている着物。これにひみつがあるのです。

着物は帯や紐をしめますよね。
その帯や紐を使うことで顔や脇に汗をかかなくなるのです。

半側発汗って何?

舞妓さんは着物をきるときに紐で胸の部分を圧迫していますよね。
この方法を半側発汗法といいます。

紐で胸の部分の皮ふを圧迫することで顔やわきの汗がでないようにおさえているのです。

では、なぜ胸のあたりを紐で圧迫すると汗をかかなくなるのでしょうか。

半側発汗とは、からだの上下左右どの部分でも圧迫することで汗をだそうとするはたらきをおさえることできるのです。
皮ふを圧迫することで、圧迫している側の汗の量が少なくなり、体温も下がります。
その反対に、圧迫していない側の汗の量は多くなり、体温も高くなります。

簡単に説明すると皮ふを圧迫することで、汗の出方をコントロールできるのです。

この汗をかかない方法は、からだの反射を利用しているのです。
からだ全体の汗をとめるのではなく、汗が出てほしくない部分の汗を調節してからだの反対側へ汗を出やすくするのです。

例えば、胸の少し上あたりを圧迫すると(圧迫側は胸より上の部分)、胸より下(非圧迫側は胸より下の部分)の部分へ汗をかきやすくなるのです。
これはからだのどの部分でも当てはまります。

圧迫部位を変えるとその上下左右で汗の出かたをコントロールできます。もちろん、お腹の部分を圧迫するとお腹より上の汗が少なくなり、下半身に汗をかきやすくなります。

 

【スポンサードリンク】

 

汗をかかない方法

では、実際の皮膚の圧迫方法について説明します。

汗を止める方法はツボを押すことです。

1)ツボ

①屋翳(おくえい)
胸の乳首より3から5cm上あたりの部分を屋翳(おくえい)といいます。

②大包(だいほう)
わきの下にあるツボです。わきの下の乳首の高さあたりの部分を大包(だいほう)といいます。

この2つのツボを圧迫することで汗をとめることができます。

2)紐の結び方

紐の結び方はいたって簡単です。
服の上から2つツボの上を通るようにして紐を結びます。

必ずツボの上を通らないと効果がないというわけではありません。
大体のあたりでも十分効果はあると言われています。
紐だけでなくゴム紐でも効果はあるので使いやすいもので結んでみてください。

最近では舞妓さんや芸者さんがこの汗をかかない方法を利用していると有名になっていますので、専用のバンドもネットで購入できます。
ゴム紐は100円均一などでも売っていますよ。

3)いつ実践するとよい?

汗をかいている時にこのツボをおさえようしても人前ではなかなか難しいですよね。なので、汗をかきたくないという前に汗をかかない方法を実践することをおすすめします。

例えば、デートなど人と会う前や出かける前、大事な会議や人前に出るときなどに実践してみてください。

 

【スポンサードリンク】

 

汗を止める方法で気をつけること

長時間の利用はやめましょう。
この汗をかかない方法はツボを押さえることで汗をかきにくくします。

長時間紐で圧迫することで起こるデメリット

①血液の流れが悪くなります。
②汗の穴の反応がにぶり、ベタベタした汗やにおいの強い汗がでやすくなります。

一時的に汗を止めるたいときに使うようにしましょう。

まとめ

顔やわきの汗をかかない方法は、半側発汗法を利用しましょう。
これは、昔から舞妓さんも実際に利用している方法です。

紐を使った汗をかかない方法は、
①屋翳(おくえい)と大包(だいほう)というツボを探す。
屋翳とは、胸の乳首の3から5cm上の部分

大包とは、わきの下の乳首の高さの部分
②この部分をとおるように紐で圧迫する

長時間圧迫するときのデメリットは2つです。血液の流れが悪くなったり、ベタベタした汗やにおいのある汗をかきやすいことです。

効果的に汗を止めるために、短時間での利用をおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top