Read Article

ヤマカガシに噛まれたら猛毒!!子供を守る対処法!!

ヤマカガシに噛まれたら猛毒!!子供を守る対処法!!

ヤマカガシに噛まれて男の子が重症というニュースが流れてきました。

一般的にはヘビはあまり捕まえないことが多いのですが、「ヘビ狩り」という遊び?が流行っているようです。

ヤマカガシに噛まれたら猛毒!!子供を守る対処法を学びましょう。

最近では虫系が嫌いな男の子が多いのですが、その中でもやはり虫系は人気がありますね。
ただ、かぶと虫やクワガタが代表的なもので、それ以外はよほど虫好きな子供出ないと触れなかったりします。

大好きな子供は何でも触りたがるので、危険な虫などは先に教えておく必要がありますね。

その中でも猛毒を持つヤマカガシについてしっかりと学んで子供に伝えましょう!!

ヤマカガシに噛まれたら猛毒!!子供を守る対処法

 

日本で毒蛇というと『マムシ』のイメージが強いですが、本州にはもう1種類ヤマカガシ という毒蛇がいます。 実は馴染みのないヤマカガシというヘビの方が毒性が強い どころかその生息している数も多いんです!

 

【スポンサードリンク】

 

ヤマカガシに噛まれたら猛毒!!子供を守る対処法

Exif_JPEG_PICTURE

噛まれたときの症状

◆痛みや腫れがないので、毒と思わない。(歯の跡がある)

◆出血が止まらない。

◆少し時間がたってから次の症状が出てくる。
・頭痛
・吐き気
・リンパ節の腫れ
・歯ぐきからの出血
・血尿
・全身的な皮下出血や痛み

まずは応急処置

(1)噛まれたときにそれがどんな蛇か確認。(毒蛇かどうかが判断できるように!!)

(2)傷口より心臓に近いところをひもや服の端切れなどでしばり、口や吸引器で血液を外へ出すように吸う。(口で吸うときは、吸った血は吐き出し、うがいをする)
指先の場合は、指の付け根をしばる。
腕ならひじの上部や肩の付け根をしばる。
足なら膝の上や太ももの付け根をしばる。

(3)速やかに病院へ連れて行ってもらう。
毒が回っていそうなら救急車を呼ぶこと。

 

【スポンサードリンク】

 

ヤマカガシに噛まれたら猛毒!!子供を守る対処法(見分け方)

全長60 – 120センチメートル

頸部背面には黄色の帯があり、幼体でより鮮やかで、成長するにつれてくすんでくる。この黄色の帯も個体によっては表れない。

毒牙は上顎の奥歯にあり、0.2センチメートル以下と短い[7]。毒線(デュベルノワ腺)を圧迫する筋肉が無いため、一瞬噛まれただけでは毒が注入されないこともある

頭痛が発生した場合は毒量が多いと考えられ重症化する例が多いようです
重症例では脳出血・急性腎不全・DICなどを引き起こすといわれています。

子どもを守るためにも正しい知識を持ちましょう!!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top