Read Article

脇の黒ずみを消したい、市販薬のオススメと黒ずみの予防法

脇の黒ずみを消したい、市販薬のオススメと黒ずみの予防法

“脇の黒ずみを消したい”と願っている方へ。ここでは、脇の黒ずみを消してくれる、オススメの市販薬と脇の黒ずみの予防法について、ご紹介していきます。
脇の黒ずみを消すには、専用の市販薬を使用するのが効果的。そして、脇の黒ずみを進行させない予防対策も大切です。
ご自身に合った市販薬を見つけて、予防対策も行って、ずっと、きれいな脇を目指しましょう。

脇の黒ずみを消したいなら、原因を知ること。

貴方は、ご自身の脇の黒ずみの原因を知っていますか?
主に挙げられる原因は、2つ。

①皮脂や古い角質、汚れが毛穴に詰まっている。
脇は、非常に汗をかきやすいですよね?
皮脂の分泌も多く、適度に、適切なケアを行っていないと、汚れなどが毛穴に詰まりやすい箇所なのです。

②メラニンによる色素沈着。
脇の皮膚は、薄くて、デリケート。脱毛などのムダ毛処理や汗を強く拭いたり、こすって洗ったり、衣服や下着の摩擦によって、肌を守るメラニン色素が発生し、色素沈着を起こしてしまうのです。

その他には、夏になるとよく使う制汗剤、ターンオーバーの乱れや加齢によるもの、妊娠や出産でも脇の黒ずみを招くと言われています。
どうでしょう…。
ご自身の脇の黒ずみの原因が分かりましたか?

おそらく、殆どの方が、一つの原因ではなく、幾つかの原因が重なって、脇の黒ずみを招いてしまっているのではないかと思われます。
冒頭でもお伝えしたように、脇の黒ずみを消したいなら、専用の市販薬を使用することと、これ以上、脇の黒ずみを進行させない予防対策も必要です。

それでは、オススメの市販薬から、ご紹介していきましょう。

脇の黒ずみを消したい、オススメの市販薬

「AT BERRY(アットベリー)」

医薬部外品。日本製。使用者の満足度90%以上。
5種類の美白成分(グリチルリチン酸2k、プラセンタ、甘草フラボノイドなど)、6種類の保湿成分(セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など)、5種類の植物成分(アロエエキス、シャクヤクエキス、人参エキスなど)、天然ビタミンEなどを配合。

色素沈着の原因となる、メラニンを抑え、黒ずみをケアし、気になる匂いにも働きかけをしてくれます。
二の腕や膝などの黒ずみにも、使用できるのが嬉しいところです。
朝と夜の2回、使用します。
スキンケア大学や多くの雑誌でも紹介され、無添加で、刺激も少なく、敏感肌や乾燥肌の方も安心して使えます。
リピーターが多いのも、納得かもしれません。

初回、180日間安心の返金保証、コンシェルジュ・サポート付き。公式サイトから購入できます。

アットベリーの公式サイトを見てみる

「ピンキッシュボーテ」

医薬部外品。黒ずみ、炎症に働きかけをし、潤いとハリを肌に届けてくれます。
全身の気になる黒ずみに使えるのも、嬉しい点と言えます。
エステサロンでも、採用されているという商品です。
古い角質が残る原因ともなる、ターンオーバー(肌の新陳代謝)の改善もサポートしてくれるという、強い味方。

メラニンの生成を抑える、加水分解コメヌカエキス、ハリを与えてくれる、水溶性コラーゲンを配合。
他には、天然ビタミンE、グリチルリチン酸2k、水溶性プラセンタエキスなどを配合。
継続使用をすることで、効果が上がる商品です。雑誌やSNSでも話題になりました。
公式サイトから購入できます。

脇の黒ずみにピンキッシュボーテ 公式サイトを見てみる

「CLEAFORT(クレアフォート)」

医薬部外品。日本製。アルコール、パラベン、紫外線吸収材、香料など無添加で、敏感肌の方も使用できます。
リピート率、90%以上の、黒ずみの原因を徹底的に追究したという、商品です。
メラニンの生成を抑え、汚れや古い角質にも働きかけをし、黒ずみをケアしてくれます。
潤いとハリを与えて、明るい肌へと導いてくれます。

なんと、19種類もの天然由来の美容成分を配合。(コメヌカエキス、グリチルリチン酸2k、天然ビタミンEなど)
他には、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体などを配合。
こだわりの商品と、言えそうです。
ベタつきはなく、サラリとしたテクスチャー。これからのシーズンには、嬉しいですよね。
全身の気になる黒ずみにも使えます。
公式サイトから購入できます。

今までなかったワキやボディの黒ずみ対策【CLEAFORT (クレアフォート)】

「PULE PEARL(ピューレパール)」

迷ったらコレ!!

「ピューレパール」

医薬部外品。モンドセレクション受賞。リピート率、90%以上。
ダメージを受けた肌の、本来の力を取り戻すための援助をし、黒ずみをケアしていきます。
美白効果、保湿効果あり。メラニンの生成を抑える、水溶性プラセンタ、3種類のヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどを配合。
着色料、合成香料など4つの無添加。全身の黒ずみにも使えます。
返金保証制度あり。公式サイトから購入できます。

ピューレパールの公式サイトを見てみる

以上が、オススメの市販薬です。

興味を持った商品があった方は、ぜひ、公式サイトをチェックしてみて下さいね。更に、詳しい内容を知ることができます。
脇の黒ずみは、すぐに消えるものではありません。
長期的に無理なく、安心して使用できるものを選びましょう。

それでは、脇の黒ずみを進行させない為の、予防法をご紹介していきましょう。

脇の黒ずみを消したいなら、進行させない、予防対策も大切!

まずは、皮脂や古い角質、汚れが、毛穴に詰まっている場合は、古い角質などを取り除くこと。古い角質の原因は、ターンオーバーの乱れによるものが考えられます。
ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のこと。これが、上手く行われていないと、古い角質がはがれずに残ってしまうのです。

ターンオーバーを元の状態に戻すには、しっかりと眠ること。
バランスの良い食事を。脂物の摂り過ぎに気をつけて、ビタミンC、ビタミンEを積極的に摂りましょう。
疲れやストレスを溜めないことも、大切です。

汗をかいた時は、そのまま放置せず、汗を拭いたり、必要であれば、着替えをして、脇を清潔に保ちましょう。

メラニンによる色素沈着の場合は、泡で優しく洗うこと。汗をかいた時、お風呂上がりには、吸い取るように、脇を優しく拭くこと。
きつめの衣服や下着は、着用しない。

ムダ毛処理は、毛抜きやカミソリを使用せず、除毛剤や電動シェーバー、専門機関での脱毛がオススメです。
自分で処理した場合は、冷やして、クリームやローションで保湿ケアを行いましょう。

制汗剤を使用する際には、刺激の少ない、肌に優しいものを選び、少量の使用を。頻繁に使用しないこと。お風呂タイムで、しっかりと洗い流し、ローションやクリームなどで、保湿を。

以上が、予防法です。
一度ついた習慣は、なかなか抜けないものです。
意識して、実行するようにしましょう。

まとめ

「脇の黒ずみを消したい、市販薬のオススメと黒ずみの予防法」について、ご紹介してきました。
脇のお手入れは、顔や髪のケアに比べると、後回しになりがちです。
ですが、脇はとてもデリケートで、丁寧な扱いと、手入れが必要であることが、お分かり頂けたかと思います。

“脇の黒ずみ”と、一言に言っても、原因は様々です。
できてしまった黒ずみには、専用のケア商品を使って治すことが必要です。
ですが、これ以上、進行させない為の予防対策も大切。ご自身が、日頃、行っている、何気ない脇への対応も、見直してみないといけません。
しかし、ケアのし過ぎも良くないので、注意して下さいね。

顔や髪のお手入れと同じように、脇への対応も、丁寧に優しくをモットーに!夏は、特に、注意しなければいけませんね。
ずっと、きれいな脇を目指して、お手入れしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top