バイク川崎バイク ライブでスケジュールうまってるので、給料が以外に高かった件!

バイク川崎バイク ライブでスケジュールうまってるので、給料が以外に高かった件!

あるイベントにお笑い芸人が集まった時のこと。

それぞれの給料についてのネタになっていきました。

その時の「8.6秒バズーカー」の給料について、はまやねんの母親が給料明細を見せられたら、あれだけ仕事させていただいたのに、この額?と安さに驚いていたようです。

話によると、時給30円ぐらいだそうで、月収30万はもらっていないんじゃないか?

と言われています。

365日休みなしで30万未満とは、残業代がもらえるサラリーマンより低い金額です。

想像していたのは爆発的に有名になって半年以上たっているので、月収200万ぐらいはもらっているのかな?

と思っていましたが、かなり想像以下でしたね。

 

【スポンサードリンク】

 

8.6秒バズーカーのほか、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」「ピスタチオ」「バンビーノ」などもいたので、ビスタチオの給料を確認したら月収40万ぐらいだって言っていました。

「ピスタチオ」の伊地知大樹さんは、元ホストという経歴をなので、ピーク時は最高月収が400万円なのだそうです。

その時の10分の1にも達していないのだそう。

こちらも結構、爆発したので色んな番組に出ていそうなのですがね。以外ともらっていないのですね。

さすがは吉本!

といいたいところですが、実は誰にも話題にされなかった「バイク川崎バイク」が以外に高給取りだったことが判明しました。

「バイク川崎バイク」という芸人をどれだけの人が知っているのでしょうか。

少なくとも私は知りませんでした。

ピン芸人のようですが、どこからこんな「バイク川崎バイク」という芸名を付けたのかから不思議でなりません。

先に言ってしまいますが、「バイク川崎バイク」の月収はなんと・・・

52万円

なのだそうです。

「バイク川崎バイク」よりも「8.6秒バズーカー」と「ピスタチオ」の方がテレビ露出はかなり多いと思いますが、蓋を開けると月収では「バイク川崎バイク」の勝ち!

休みなく働く「8.6秒バズーカー」とそこそこライブをして中の上ぐらいの給料をもらってる「バイク川崎バイク」とどちらが幸せかわかりますよね。

しかし、これには吉本の色々なお給料の仕組みがありそうなんですよ。

この仕組みは後ほど解説するとして、なぜ知名度のない「バイク川崎バイク」が高給取りなのでしょうか。

それは、以外にスケジュールが詰まっていて、ライブなど毎日のようにこなしているからなのです。

Twitterで発信していたりしますが、ほぼ毎日のようにライブのスケジュールが入っていて、日に何回もネタを披露しているようです。

そんな努力が積み重なってるのと、デビューして10年以上のベテランであることがそこそこの給料をもらっている要因ではないでしょうか。

ところで、「バイク川崎バイク」という芸名なんですが、元相方と公園で解散の話をしているときに、「“川崎”といえばバイク」という連想から、また偶然その公園にカワサキのバイクが駐輪されていたので、相方に付けてもらったそうです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

最後に吉本の給料の仕組みについて大先輩が話していたのでご紹介しましょう。

吉本には数多くの芸人がいるのですが、デビューしたての頃って言うのはいきなり高額な給料をもらってしまうと、色んな場面で天狗になりがちなところがでてくるのでどんなに有名になっても稼いだ分を給料として還元することはないようです。

急激な生活の変化とお金の変化に頭が付いていかない状態で大金を持っていることは確かに危ない気がしますね。

でも忙しいから使う暇もないんじゃないかと思いますけどね。

結局、落ち着いたころには色んな先輩芸人を抜いて高給取りになっていくようですよ。

以外とまだ年功序列的な風潮があるのかもしれませんね。

どんなに給料が低いとわかっていてもデビューが先であれば「兄さん」なんて呼んでいますからね。

今年の秋ぐらいに「8.6秒バズーカー」は「バイク川崎バイク」を抜いているということでした。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top