Read Article

梅沢富美男の女形は現在も美しい理由に納得!魂の女形だ

今や、毎日のように、テレビで拝見する“梅沢富美男”さん。知らない人は、いないのではないか…?と言っても過言ではないくらいですよね?

梅沢さんの本業は、“女形役者”。
その美しさは、有名ですが、現在ももちろん、御活躍中。

ここでは、女形・梅沢富美男の“始まり”から、“現在“の女形・梅沢富美男までの魅力をお伝えしていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

梅沢富美男プロフィール

本名:池田 富美男(いけだ とみお)
生年月日:1950・11・9
出身地:福島県福島市
大衆演劇「梅沢富美男劇団」第三代座長
株式会社富美男企画代表取締役
趣味:ゴルフ・野球

1982年には、「夢芝居」で歌手デビューも果たし、翌年には、紅白出場。
舞台・テレビ・映画・コメンテーターなど幅広い分野で活動をされています。

梅沢さんの姿をテレビで見ない日はない程の御活躍ぶりです。

女形・梅沢富美男の“始まり”

旅役者一家に生まれた梅沢富美男さん。お父様は、花形役者、お母様は、娘歌舞伎出身であったと言われています。
1才7ヵ月で、初舞台を踏み、15才の時に役者としての活動を始められました。
当時は、三枚目役を演じていましたが、25才の時に、兄の武生さんから、女形を勧められます。

梅沢さんは、最初は、気が進まないながらも、あらゆる女性の研究を始めたといいます。
銭湯帰りの女性を隠れて、観察した事もあったとか…。そして、女性の研究が功を奏し、梅沢さんの女形は、大変な人気を呼び、「下町の玉三郎」とまで呼ばれるようになります。
「100年に一度、出るか出ないかの役者」とも言われたそうです。

これが、女形・梅沢富美男の“始まり”です。

女形を始めたきっかけは、ご自身の意思からかと思いきや、お兄さんからの勧めというから驚きですよね。
梅沢さんの才能を見抜いたお兄さんは、すごい人だと思いませんか?
お兄さんが才能を見抜かなければ、今の“女形・梅沢富美男”は、存在しなかったかもしれないのですから!!

梅沢さんの女形は、舞台だけではなく、テレビでも拝見することができ、私も拝見した事がありますが、その美しさ、表情、醸し出す雰囲気は、“女性そのものだ”という事に、驚いたのを覚えています。

テレビを見て、ファンになった方も多いのではないでしょうか?
お兄さんの期待に応えた梅沢さんは、すごい方ですよね。いや、期待以上だったかもしれません。

 

【スポンサードリンク】

 

“現在”の女形・梅沢富美男

梅沢さんの女形の魅力は、何と言っても、男性という事を忘れさせてしまう程の美しさと、所作・表情など全てにおいてではないでしょうか?

一つひとつの所作や表情、持つ雰囲気が観客の目を引きつけます。
もちろん、メイクも自分でされています。
吊り上がり、ハッキリとした大きな目、スーッと通った鼻すじ、口は、ご自身の口よりやや小さめに描いたりと、まさに美人メイクです!メイク法もかなり、研究されている事が伺えます。

2013年5月2日には、ご自身のブログに半顔メイクを披露され、その見事な変身ぶりが話題となり、メイク法が注目されました。舞台だけではなく、ネット上でも、梅沢さんの女形の魅力は、注目されているのです。

梅沢さんが、女形を始めて40年余り。
現在もなお、その美しさは、変わることはありません。

梅沢さんは、女性を演じる時は、「『自分が、素敵だなあ、触ってみてえなあ』と思った女性を演じているんです。」と言われ、又、「女形のときは、『見られている』『意識する』ってことを大事にしています。
ただの女を演じてるんじゃなくて『今日、この劇場の中でいちばんキレイだ』と思い込むことで、モチベーションを上げているんでしょうね」と女形について語っています。
(https://jisin.jp/news/2643/7505/より一部引用)

女性の追究を止めることなく、高い所に意識を持ち続けているからこそ、現在もなお、その魅力が続いているのでしょうね。
人の顔は、年齢と共に衰えていきます。顔だけではなく体も同様。
若い頃と同じイメージを保ち続けるには、それ相応の努力が必要でしょう。

常に「一番キレイな女性なのだ」という梅沢さんの“女形・役者魂”が、現在も昔も変わらぬ美しさを保たせているのでしょう。
美意識を常に忘れずにいるという点は、女性としては、見習いたいところですね。

又、情報番組やバラエティー番組など、数々の仕事をこなす梅沢さんですが、地方公演の際には、レギュラー番組の出演は休まれると言います。そういった所も、役者としての思いが伝わってきますよね。

「梅沢富美男劇団」は、梅沢さんの歌謡ショーも交えた三部構成で舞台が行われています。
年間80万人の人が足を運ぶという人気ぶり。チケットも入手困難だとか…。分かる気がしますね。
梅沢さんの舞台を楽しみにしていらっしゃる方が、全国にたくさんおられるのです。このお客さん達が、更に梅沢さんのモチベーションを上げているのではないでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

まとめ

梅沢富美男さんの女形の“始まりから現在まで”書いてきました。
まさに、“女形・役者魂”を感じさせられる方ですね。

お兄さんから勧められた女形。ですが、そこから、“女形・梅沢富美男”を創り上げたのは、梅沢さんご自身です。
いろいろな心の葛藤とも闘いながら、いろいろと努力もされたからこそ、今の梅沢富美男さんがあるのだと思います。

テレビでは、女形の時とは、打って変わって、辛口な意見を述べられていますが、そのギャップが魅力となり更に、人気を呼んでいるのでしょう。
男らしさと女らしさを兼ね備えた方と言えそうですね。

これからも、素敵な女性への追究は続くことでしょう。
もしかしたら、私たち女性も女形・梅沢さんから学ぶべき事がたくさんあるのかもしれませんね。

女性特有の魅力を誰よりも知っている方のように思われます。そういった視点から、梅沢さんを拝見することで又、新たな梅沢さんの魅力が発見できるかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top