Read Article

志尊淳のドラマ・映画!これだけ見れば全てがわかる厳選紹介!

志尊淳のドラマ・映画!これだけ見れば全てがわかる厳選紹介!

志尊淳さんと言えばD-BOYSのメンバーであり俳優でもあります。
そんな志尊淳さん出演の数々の映画やドラマを紹介していきます。

よく街頭スカウトを受けていたので、芸能界への興味がつよくなりワタナベエンターテイメントスクールに入学し、2011年に卒業した若手俳優です。

今では知らない人も少ないくらいの人気が出てドラマに映画に引っ張りだこなので、大忙しの俳優さんです。

 

【スポンサードリンク】

 

志尊淳さんの出演してるドラマとは?

志尊淳さんの代表作は「烈車戦隊トッキュウジャー」です。
ドラマでは鈴樹来斗(トッキュウ1号)を演じてます。
このドラマから志尊淳さんは注目を浴びていきます。志尊淳「烈車戦隊トッキュウジャー」の詳細はこちらから

次にアニメで有名な、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」略して「あのはな」がドラマ化され、志尊淳さんは(松雪集)を演じており、物語の集は成績優秀で負けず嫌いな役どころです。

このアニメ何度観ても泣けます。

さらに月9にも出演!「5時から9時〜私に恋したお坊さん〜」では主役の山下智久さんの弟役の星川天音を演じており、サラサラヘアーをバッサリ切って綺麗な坊主になってます。

イケメンは何の髪型でも似合うんだなと改めて思います。
物語の天音は少し嫌味な役どころですが上手く演じてます。

日テレの日曜ドラマの「そして誰もいなくなった」では、主役である藤原竜也さんの後輩役で五木啓太を演じており、藤原竜也さん演じる新一のアシスタントをしています。

新一を慕ってはいますが、東京大学卒業である彼はとてもプライドが高く、新一に嫉妬する場面もあります。
このドラマは毎回ハラハラするドラマでとてもハマります。

深夜に放送された「君はペット」では、合田武志 別名(モモ)という主人公を演じています。
巌谷澄麗演じる入山法子とひょんなことから同居をはじめ、志尊淳さんはペット役(モモ)です。

このドラマの1番の見どころは志尊淳さんの笑顔で澄麗に「おかえり!」って言うシーンです。
その笑顔に澄麗は勿論、視聴者も癒されたと思います。
志尊淳さんとにかく可愛いです。

志尊淳「君はペット」の詳細はこちらから

NHKの土曜ドラマでは「植木等とのぼせもん」の松崎雅臣役、後の小松政夫役を演じています。
小松政夫さんの自伝的小説である「のぼせもんやけん」が原案になってます。


明るい昭和を生き抜く物語で、松崎雅臣(志尊淳)は植木等を師匠とし付き人をコミカルに演じていて老若問わず楽しめるドラマだと思います。

さらに2018年1月から始まります、NHKドラマ「女子的生活」では主演を務めます。

この物語りで志尊淳さんは小川ミキと言う女性の役で、性別は男性ですがトランスジェンダーという中身は女性という役どころです。

中々複雑そうですが同級生の後藤とひょんなことから同居する羽目になります。
舞台は神戸という事もありファッションにもチェックしたい所でありとても楽しみなドラマです。

同じく日テレの2018年1月から始まります、トドメの接吻(キス)で志尊淳さんはホスト役の小山内 和馬役を演じます。
主役は同じく今をときめく山崎賢人さんが演じます。山崎賢人さんはナンバーワンホストの役で志尊淳さんはその山崎賢人さんを慕う後輩役になります。

愛を信じないナンバーワンホストがある女との出会いによって翻弄されるSF的要素も含まれたドラマです。
志尊淳さんがどう絡んで行くのかも楽しみです。

志尊淳さんは数々のドラマに出演していますが、映画も沢山挑戦されています。

 

【スポンサードリンク】

 

志尊淳さんはどんな映画に出演してるの?

志尊淳さんといえば放映前から話題となりました、トッキュウジャーシリーズの「平成ライダー対昭和ライダー大戦featスーパー戦隊」が有名だと思います。この映画は、昭和ライダーと平成ライダー同士がなぜか戦う所から始まります。
見どころはそれぞれの戦い方の格好良さやそれぞれの持ち味です。

最後の勝ち負けの審判を下すのは視聴者投票になりどちらが強いか等を公式で発表されています。
新しい勝負の仕方が面白いです。

個人的には昭和ライダーである、仮面ライダー1号の藤岡弘さんが出てきた所が良かったなと思ってます。
ただ子供達は困惑したんじゃないかと思いますが、特撮ドラマが好きな方にオススメです。

2017年11月より「覆面系ノイズ」が放映されています。
この映画は花とゆめに「覆面系ノイズ」が掲載されており、福山リョウコ先生の原作が映画化されたものです。

この物語りは主人公のニノ(有栖川仁乃)は幼少の頃から歌うのが好きで、特に隣に住むモモ(榊桃)と一緒に歌うのが好きな女の子です。

モモに初恋のような恋心を抱きますが、ある日突然モモが引っ越していなくなってしまいます。
月日が流れニノは作曲家のユズに出会います。
そのユズが志尊淳さんの役になります。

ニノはユズの作詞、作曲した歌を歌うことになりいつかモモに再開出来るように願います。
ユズは一生懸命なニノに惹かていきますが、ユズも突然ニノの前から姿を消してしまいます。

想いがすれ違う切ないラブストーリーですがバンド系映画なので、ニノの声に聴き入る事間違いなしです。

その他にも話題に上がりました、
2017年に興行収入役20億を記録した「帝一の國」や探偵シリーズの「探偵はBARにいる3」などにも出演されています。

まとめ

志尊淳さんのドラマと映画を紹介しましたが、志尊淳さんはその他にも舞台やCMさらにバラエティなど沢山挑戦されています。
ファンとしては忙しく働きすぎな彼の健康が心配になりますが、
程よく頑張ってもらいたいなと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top