Read Article

東京パラリンピックの聖火リレーユニホームとメダルデザイン決定!皆の感想は?

東京パラリンピックの聖火リレーユニホームとメダルデザイン決定!皆の感想は?

2020東京パラリンピックの聖火リレーユニホームとメダルデザインが決定され、話題となって騒がれていますね。

今回は東京パラリンピックの聖火リレーユニホームとメダルデザインの画像、そして皆さんの感想の調査結果を報告します。

 

【スポンサードリンク】

 

東京パラリンピック聖火リレーユニホームとメダルデザイン決定の報道内容

2020東京パラリンピックの聖火リレーユニホームとメダルデザイン決定についてニュースでは次のように報道されています。

来年の東京パラリンピックの開幕まであと1年となった25日、大会組織委員会と東京都は都内でカウントダウン式典を開いた。式典ではパラのレガシー(遺産)を発展させていくため、毎年8月25日を「ジャパンパラリンピックデー」にすると宣言。パラのメダルデザインと聖火リレーのユニホームも発表された。

メダルデザインは、日本の「扇」をイメージしたもので、「世界に新たな風を吹き込む」がコンセプト。式典では大会組織委の森喜朗会長が「(パラ開催)2度目の東京だからこそ、共生社会の実現をしっかり追いかけていきたい」と挨拶した。

いよいよ具体的にいろいろと決まってきましたね。もうあと1年ですからね、早いですよね…。

それでは早速それぞれの画像をお届けしていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

東京パラリンピック聖火リレーユニホームはこちら

デザインをされたのは東京オリンピック聖火リレーのユニホームをデザインされた、デザイナーの尾花大輔氏。

爽やかな綺麗な色ですね。青空にデザインと色が映えそうな感じがします。

 

【スポンサードリンク】

 

東京パラリンピックメダルデザインはこちら

デザインをされたのは (株) 博報堂の社員、松本早紀子さん。メダルにはくぼみを入れ、触れることでそれぞれのメダルの色の区別がつくようにされているそうです。メダルのケースは木製だとか。

扇が持つ華やかさが表現されていて素敵ですね。メダルの完成は来年の5月を予定しているそうです。

 

 

東京パラリンピック聖火リレーユニホームとメダルデザイン決定!の皆の感想は?

東京パラリンピック聖火リレーのユニホームとメダルデザイン決定についてみんなの感想はというと、

パラリンピックの聖火リレーの服装、これまでで一番いいやん。走らんけど、欲しいって思った。

パラリンピックのメダルたち パッとみて扇型だ!って思ったらその通りでなんて素敵デザインなのかしら! とても日本ぽくて本当に美しい〜 メダルケースも素敵だし手仕事日本、最高だな☺️

東京パラリンピックに韓国が難癖をつけてくる可能性が浮上 メダルデザインにケチをつける?

東京2020パラリンピックの メダルのデザインが とっても素敵😊 日本を感じるデザイン 長野オリンピックのメダルデザインも好きだった‼️ 漆に蒔絵に七宝焼 特に裏面が綺麗

ユニホームとメダルどちらも皆さんから良い感想が上げられていました。

東京パラリンピックが楽しみになった、メダルが欲しいという方もいましたよ!

 

 

東京パラリンピック聖火リレーのユニホームとメダルデザイン決定!のまとめ

あと1年となった東京パラリンピック。聖火リレーユニホームとメダルデザインが決まり、いよいよといった感じになりましたね。

こうして決まっていく段階を知ると非常に身近に感じられてワクワクしてきますよね?

どちらも素敵なデザインで選手達のモチベーションをさらに高めてくれそうです!東京パラリンピック、皆で応援していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top