Read Article

痩せる方法!短期間でも大丈夫なたったの4つのポイント!!

痩せる方法!短期間でも大丈夫なたったの4つのポイント!!

来月の結婚式までに、夏までに、同窓会までに…どうしても痩せたい!!
そんな『短期間で痩せる方法』はどうしたらいいのでしょうか?

今回はそんな『短期間で痩せる方法』の4つのポイントからお伝えしていくのでぜひ参考にして試してみてください。

 

【スポンサードリンク】

 

1、短期間で痩せる方法!目標を定める

とにかく現状の体型から痩せるためには、今の食事・習慣・運動の頻度を変えなければいけません。現状の自分の体型が『太っている』と思うならば、どうして太っているのか?どこが太っているのか?今の自分をしっかり見つめ直すのです。

そのためにはお風呂の時、全身がうつる鏡でしっかり今の自分の体型を見てください。顔、あご、二の腕、くびれ、お腹のぽっこり具合、足の太さ…自分の体型はどこがどう太っているのか。そして体重計に乗ってください。体脂肪も計れる体重計ならばなおグッドです。

そうやって問題点を浮き彫りにしてから1週間、もしくは2週間と期限を決めて目標を決めます。ただ体重を落とそうと思っても短期間ではなかなか結果につながらずイライラしていまい中断ということになってしまうので、『この期間私は○○をする!!』と決めてしまうのです。
(例)1週間寝る前にスクワットとダンスエクササイズをする、1週間は糖質・炭水化物を一切食べない…など。

何か月も続くと思うと難しいことも、たった1~2週間ならできるのではないでしょうか。

2.短期間で痩せる方法!生活習慣を変える

1週間もしくは2週間だけ生活習慣を変えましょう。
痩せるためには今の生活習慣を変えることこそ必須です。
また生活習慣を1週間もしくは2週間変えてそれが心地よくなってくると自然とその生活習慣が身につき、痩せやすい身体づくりにつながり、短期間のダイエットがその後のあなたの健康と美しさにつながっていくでしょう。

(1)毎日体重計に乗る

これは体重の増減よりも意識の問題です。
どうしてもおやつが食べたくなったときなど体重が頭にちらつくことで欲求を抑えることができるからです。

(2)腸をすっきりさせる

女性は特に便秘な人が多いですが、そのような人は腸活して溜まった便を出すだけでも体重1㎏くらいストンと落ちます。
おススメなのはヨーグルトなどの乳酸菌・野菜などの食物繊維・納豆やオクラなどのねばねば食品・水分を多く摂ることです。
また痩せる短期間の間は毎朝起きてすぐに一杯の白湯を飲みましょう。
これだけで体調の変化に驚くでしょう。

(3)姿勢を良くする

痩せるための短期間の間は常に腹筋に力を入れて姿勢を良くしておく。
常に意識してお腹に力を入れて生活するのは些細なことですが、やってみると意外と大変で、腹筋を使っていることを意識できます。

(4)お風呂にしっかり浸かる

シャワーだけでなくお風呂の湯船にしっかり浸かって体温をあげてください。
温度は40°が適温で、10分~20分間ゆっくりとお湯に浸かります。
お風呂上りには常温の水を飲み、簡単なストレッチをするとより効果的に痩せやすい身体をつくっていけます、またゆっくり適温のお湯に浸かり、簡単なストレッチで身体をほぐしてあげると気持ちもリラックスして良い睡眠にもつながりますね。

(5)寝る前のリンパマッサージとストレッチでむくみ解消

目標で決めた期間1週間もしくは2週間寝る前には脇の下、足の付け根、ひざ裏などのリンパ節を軽く揉んだり、さすったりして溜まっている老廃物を流してあげましょう。またゆっくりとストレッチすることで、痩せやすい身体づくりにつながり、日々の運動や食事制限がより効果的になります。

(6)よく寝る

また短期間で痩せたい場合よく寝ましょう。
満腹ホルモンと呼ばれる【レプチン】の分泌が多いとお腹がすきにくくなります。この【レプチン】は睡眠時間を8時間摂ることで分泌がよくなることがわかっています。寝不足の人は【レプチン】は減って空腹ホルモンの【グレリン】が増えてしまうので太りやすくなってしまいます。
食事制限すると【レプチン】の分泌量は減ってしまうためそれ以上減らさないため睡眠時間をしっかり確保しましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

3、短期間で痩せる方法!運動しよう

(1)ねじり運動

お腹痩せのためには『ねじり』の運動をすることが大切です。
筋肉にねじりの動きを加えることで、より効果的にお腹の筋肉を鍛えることができるのです。ただ腕を腰に巻き付けるように左右にふるだけでも効果があります。また腰を回す動き、骨盤を回す動き、簡単なダンスのように腰を左右に動かす動きなど、定めた短期間の間は痩せるために毎日仕事や家事の合間に意識してお腹にねじりを加える動きをやってみてください。

(2)筋トレと有酸素運動を組み合わせる

運動は筋トレと有酸素運動を組み合わせると痩せやすくなります。
脂肪の中から遊離脂肪酸という形で血中に溶けだした脂肪を筋肉に取り込んで、酸素を使って燃やさないと脂肪は減らないからです。

短期間で痩せるために運動するならばより効果的に行っていきましょう。

そのためには最初に無酸素運動である筋トレをして、脂肪を分解する必要があります。それから脂肪燃焼しやすくするためにたくさん酸素を取り込める有酸素運動をするという順序が大事ですね。

筋トレはスクワットやダンベル運動など簡単なものでかまいませんが、スクワットは下半身全体を引き締めることができるのでオススメです。

有酸素運動でオススメなのはダンスエクササイズです。
ダンスエクササイズは現在様々なDVDが売られているので、自分好みの音楽で楽しく痩せましょう。
もちろん有酸素運動の代表であるウオーキングやジョギングもいいのですが、とにかく大事なのは上記で定めた短期間に毎日行うことなので、天気に関わらず家でも簡単にできる【スクワット&ダンスエクササイズ】を1週間もしくは2週間毎日行うことが短期間で痩せるためにおすすめです。

4、短期間で痩せる方法!食事を制限する

(1)摂取カロリーを抑える

短期間で痩せるために一番重要なのはやはり摂取カロリーを抑えることです。
できるだけ1日1000~1200kcalに抑えられるよう頑張りましょう。
1食あたりにすると400kcal以下ということになりますので、なかなか大変ですよね。
お昼ごはんは仕事の関係で選べないことも多いと思うので、朝と夜を工夫して軽くすることをオススメします。

【例】
朝ごはん→シリアル+ヨーグルト+フルーツ
昼ごはん→会社の関係でできるだけ400~500kcalぐらいのメニューを選ぶ
夕ごはん→鶏ムネ肉や豚ヒレ肉など脂身の少ないお肉を蒸すなどして油を使わずに食べる、魚を焼いたもの(塩分控えめ)、蒸し野菜(イモ類など糖質を含むもの以外)など。
※糖質や脂質はできるだけ摂らず、たんぱく質や食物繊維を多く摂る。
※たんぱく質を含む食材は噛み応えある食材が多いので満腹感を感じやすくオススメです。また運動する1~2時間前にたんぱく質を摂取すると筋肉を鍛えるのに効果的です。
※また食材を大きめに切ってよく噛むようにすると、少ない量で満腹感が得られます。

(2)水分はしっかり摂る

短期間で痩せるためには上記のように摂取カロリーを減らすことが必須ですので、食事を減らします。
食事を減らしている分、意識して水分はとってください。
水分を摂らなければ体重は減りますが、水分を摂らないと血液もドロドロになってしまい、身体にいいことは全くありません。

 

【スポンサードリンク】

 

短期間で痩せる方法の4つのポイント

いかがでしょうか。
以上4つのポイントから『短期間で痩せる』ための方法をお伝えしてきました。
また注意点としては生理前にはダイエットしないことと絶対に食事は抜かないということです。

女性の身体は妊娠のために生理前は身体が脂肪や水分をとにかく溜め込もうとしますので、上記の方法を試す場合は生理後にしましょう。

また『短期間で痩せる方法』には確かに【食べない】ということは確実に体重を落とせますが、計画的にやらなければ必ずリバウンドがきます。短期間で結果を出すとしてもやはりリバウンドしない方法を選択しなければ、『短期間で痩せる』意味がないと思います。

定めた期間のあとも生活習慣をそのまま少しずつ変えて痩せやすい体質をつくっていければ、あなたの健康、美しさにプラスになっていきます。
まずは1週間もしくは2週間、短期間の痩せる方法にトライすればあなたの生活に何かしらの変化が現れ、きっとそれはあなたをもっと美しく、健康にしてくれるきっかけになると思います。
ぜひ短期間で痩せる方法を試してみてくださいね。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top