Read Article

阪神 ・ 藤浪が不調!その原因は?

阪神 ・ 藤浪が不調!その原因は?

阪神の藤浪投手が二軍降格となり話題となっていますね。

今回は阪神の藤浪投手についてや藤浪投手の不調は何なのか?について調査結果を報告します。

 

【スポンサードリンク】

 

阪神 ・藤浪投手の報道内容

阪神の藤浪投手が登板した8月1日の中日戦についてニュースでは次のように報道されています。

藤浪に大声援 299日ぶり1軍登板 8四死球薄氷1失点でも
2019.08.02(Fri)

初回からピンチの連続だった。先頭平田に四球を与えると、5者連続でフルカウントの攻防。続く大島、アルモンテは抑えたが、ビシエド、阿部に四球を与えて満塁とした。「やってやろうという気持ちが強すぎた。もう少し冷静に入れたら…」。それでも最後は堂上を空振り三振に。36球を要しながら、ホームだけは阻止した。
しのいで戻るベンチ前、ナインのねぎらいに笑みが浮かぶ。「いい表情で」が、矢野監督と約束したテーマ。だが、試練は続く。二回は四球と死球で無死一、二塁。毎回、走者を置きながら粘ったが、五回だ。大島に与えた四球から、アルモンテの中前打で一、三塁。続くビシエドの左犠飛で先制点を失った。
さらに、阿部にフルカウントから四球を与えて102球。ベンチから矢野監督が出て、無念の途中降板が告げられた。天を仰ぎ、悔しげな藤浪。笑顔あり、渋面もあった。喜怒哀楽を前面に出しながら、全力で打者に向かった。306日ぶりの勝利、826日ぶりの甲子園星は逃した。それでも降板時、スタンドから注がれた大きな拍手が、藤浪が前を向ける理由にもなった。
「次回こそ声援に応えられるよう頑張ります」。プロ7年目で初めて開幕を2軍で迎え、5カ月の空白を経てたどり着いた場所だ。今後は登録を外れ、再昇格のチャンスを待つ。栄光を手にし、挫折を味わった甲子園。注がれた声援の拍手を、次は結果に変えたい。節目の1日から、藤浪の2019年が始まる。

久しぶりの1軍での登板。思い出がいっぱい詰まっている甲子園という最高の舞台であったわけですが、残念ながら途中降板となりました。

ここ1、2年、彼は同じようなことで悩み苦しんでいる気がしますね。球があちらこちらにといき、定まらないといった感じ。もともとコントロールがいい方ではないようですが…。阪神ファンの熱い声援の中、1失点で抑えたものの又、2軍へと降格になりました。何とかこの不調から抜けてもらいたいものですね。

 

【スポンサードリンク】

 

阪神 ・ 藤浪投手のプロフィール

ここで藤浪投手のプロフィールを紹介しておきます。

藤浪晋太郎 (ふじなみ しんたろう)

生年月日 : 1994 . 4 . 12

出身地 : 大阪府堺市

出身高校 : 大阪桐蔭高等学校

右投げ ・ 右打

野球を始めたのは小学校1年生の時。中学時代は大阪泉北ボーイズに所属し142㎞/hを記録。高校では1年生の夏からベンチ入りをし、2年生の春にはエースとして活躍。現在、西武ライオンズの森友哉選手とバッテリーを組み、甲子園で春夏連覇。甲子園での通算成績は防御率1.07、90奪三振、150㎞/h以上を記録するなど 「浪速のダルビッシュ」 とも言われていました。

2012年に4球団からドラフト1指名を受け、阪神へと入団。プロ1年目には10勝6敗の好成績。新人特別賞を受賞。2015年には自己最多の14勝を上げ、2017年にはWBC日本代表にも選ばれました。

こうしてみると不調で悩んでいるのが不思議なくらいの選手ですよね?さて何が原因なのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

藤浪投手の不調の原因とは?

藤浪投手の不調が始まった原因は2015年だと言われています。

最多勝を上げた年ではあるのですが試合で抜け球を続けて投げ、打者から激怒されたことから始まったのでは?と言われているのです。

その年に与えた四球はリーグワーストとなりました。特に右打者に対しての内角攻めのコントロールができなくなったようです。

周囲からも荒れ球を直すようにと言われ更にプレッシャーになったとのこと。またイップスなのでは?と囁かれたことも…。イップスとは精神的なダメージなどから突然、今までのプレーができなくなったり、意識が持てなくなるというものです。

2軍で調整をしたりと試行錯誤を続けていますが、なかなか良かった頃の状態に戻れない様子。今回の登板も負け投手にはならなかったものの制球に苦しみ、2軍への降格が決まりました。

 

 

阪神 ・ 藤浪投手のファンの声は?

 

どれだけ皆が彼の事を待っていたのかがよくわかりますね。藤浪投手自身もファンの声援にとても驚いたそうです。

嬉しかったでしょうね。ファンは本当にありがたい!!だからこそ、降板は悔しかったと思います。

 

 

阪神 ・ 藤浪投手の不調についてのみんなの反応は?

藤浪投手の不調についてみんなの反応はというと、

結果オーライやったけど一失点で試合は壊してないのに話にならないはちょっと・・・

それに藤浪に四球無しで抑えろって言う方がおかしい気がする

悪いなりに試合を壊さなかった投手がここまで言われないかん理由が俺には分からん。

次の #藤浪 の一軍登板は
いつなんやろ・・・

昨日はお疲れ様。

意識したら余計にあててまうんやろな。

藤浪は絶対に戻ってくると信じている。
賢いピッチャーやから本人の中で制球面で色々試行錯誤してるんだろうけど、投げる球自体の力が落ちていなくて安心した。
初回アルモンテに投げたカットや決め球の真っ直ぐは最高だった。

俺は阪神で復活して欲しいとは思う。阪神ファンは待ってるやろな。

◇藤浪投手も悔しい気持ちでしょうが、ファンの方も同じ気持ちなんでしょうね…。

 

 

阪神 ・藤浪、不調の原因は?のまとめ

中学 ・ 高校時代から活躍をし注目をされ入ってきたプロの道。数々の記録を作りながらも、今は制球難に苦しむ藤浪投手。まだ25歳という若さ、まだこれからという時!誰にでも大きな壁にぶつかる時はあります。

ここを乗り越えれるかどうかが運命の分かれ道。焦らずゆっくりと野球と向き合って欲しいですね。ファンは皆、待っています!再び甲子園で藤浪投手が投げる姿を。頑張ってください!

最後までお読みいただきありがとうごます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top