Read Article

痩せる方法50代のポイントと実践の巻

痩せる方法50代のポイントと実践の巻

「50代に入ってから痩せにくくなったな~」 と感じていませんか?痩せる方法は年代によって異なってきます。
ここでは50代の女性の方を中心とした痩せる方法のポイントと実践を特集してお届けしていきたいと思います。
ポイントを押さえれば痩せることは可能です。
ここで理想の体型を手に入れる方法をぜひとも見つけてみてください。

 

【スポンサードリンク】

 

50代は痩せにくい

50代は体にもいろいろと変化が起きてくる年代です。
そう感じている方も多いのではないでしょうか…?
特に女性は閉経を迎えるのもこの年代。卵胞ホルモン (エストロゲン) が減少し内臓脂肪がつきやすくなります。
お腹回りや背中にお肉がつきやすくなり、筋肉量も低下してきます。(特に足) 更には疲れが取れにくい、膝や腰の痛みなどの理由から運動不足にもなりがちです。
なので50代の方は痩せにくいのです。

またそれに伴って様々な病気にも注意が必要となってきます。
悪玉コレステロール・血圧・血糖値・中性脂肪の数値の上昇、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、骨粗鬆症など。テレビ番組でも予防法などがよく特集されていますよね?健康診断でいろいろと指摘されるようになるのもだいたいこの年代から…。

つまり若い頃と同じような方法で痩せることは難しいと言えます。
50代の方には50代の体に合った痩せる方法があるのです。
では50代の痩せる方法にはどんなものがあるのでしょうか?そのポイントはどんなことなのでしょうか?お伝えしていきましょう。

痩せる方法50代のポイントの巻

ここでは痩せる方法のポイントを御紹介していきます。
痩せるにはポイントをしっかりと押さえておくことが大切です。

①食生活の見直しをしましょう。
先ほどもお話したように50代は体にいろいろと変化が起きる年代です。
健康な体でいる為にも日頃の食生活を見直してみる必要があります。
偏った食生活になっていませんか?甘いものを摂り過ぎていませんか?
痩せるためにはバランスの良い食事が大切です。
特に女性が意識して摂りたい栄養素は食物繊維・ビタミンD・ カルシウムです。

②軽めの運動をしましょう。
筋肉の量が減ると基礎代謝が低下して痩せにくい体になってしまいます。
軽めの運動をして代謝を上げることで痩せやすい体へと持っていくことができます。
激しい運動をする必要はありません。ウォーキングや散歩・スイミング・ヨがなど御自身の体力に合った無理なく続けられるものを取り入れるようにしましょう。運動は習慣化していくのが理想です。

このように50代の方は“健康的に痩せる方法”を実践するのが最大のポイントです。
それでは実践法を御紹介していきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

痩せる方法50代、実践の巻

さていよいよ痩せる方法の実践です。
様々な方法を御紹介していきますので御自身に合った、続けられそうなものを見つけてみてください。

①日々の食事に食物繊維・ビタミンD・カルシウムの含まれる食材を取り入れる。

腸内環境を整えたり肥満や生活習慣病の予防をしてくれる食物繊維、骨の形成のサポートをするビタミンD、骨の形成には必須のカルシウム。どれも50代の方達にとっては大切な栄養素です。

更には豆乳もオススメ。エストロゲンと同じような役割を持つ大豆イソフラボンが含まれています。
食事前に少し飲んだり、苦手な方は果物を入れてドリンクにしてもいいですね。納豆などの大豆製品を取り入れるのもオススメです。
大豆イソフラボンは骨粗鬆症の予防の他に更年期障害の症状を和らげる効果もあると言われています。

それぞれの栄養素の主な食材を御紹介していきましょう。
◇食物繊維
キウイ・ひじき・ゴボウ・玄米・オクラ・やまといも・いんげん豆など。
◇ビタミンD
鮭・さんま・干し椎茸・シメジなどのキノコ類。
◇カルシウム
体内で作ることができないため食べ物から摂取しなければなりません。

乳製品・しらす干し・ほうれん草・小松菜・大豆製品など。
特にビタミンDと一緒に摂るとカルシウムの吸収率がアップします。
このように大豆製品が50代の方にとって必須の食材であることがお分かり頂けるかと思います。

食べる順番にも工夫をしてみましょう。
野菜や海藻類をまず最初に食べます。

次は肉や魚・卵などのたんぱく質、続いてはご飯、パンなどの炭水化物。この順番で食べることによって食後の急な血糖値の上昇を抑えることができます。
よく噛んで食べることも大切、20回以上を目安に。脂肪燃焼をアップさせると共に、満腹感が出て食べ過ぎを防ぎます。
アルコールは適量を守って糖質控えめのものを。間食やフルーツの食べ過ぎにも気をつけましょう。

②軽めの運動をする。

☆ウォーキングや散歩をする。
肩甲骨を動かすように意識しながら腕を後ろへ大きく振って歩くようにしましょう。足に合ったクッションの良い、歩きやすい靴を選んで。御自身の体力に合ったバランスのとりやすい歩幅で歩くのが大事です。
プールでの水中ウォーキングもオススメですよ。

もっと楽にウォーキングを…と思われる方はこちら。
☆椅子で足踏み体操
①椅子を用意します。中心辺りに姿勢よく座りましょう。(背もたれに背中をつけないように)
②足は肩幅ぐらいに、視線は真っ直ぐ前を見て。
③ 肘を軽く曲げて両腕を前後に大きく振りながら、太ももを引き上げるようにゆっくりと足踏みをしましょう。このとき猫背にならないように気をつけて。30秒~1分程度行います。

☆ドローインダイエット
体幹トレーニングの一つで腹式呼吸で行います。
食後などの満腹時には行わないようにして下さい。
①仰向けに寝て両膝を立てましょう。
②骨盤の横、またはお腹の上に手を置きます。ゆっくりと鼻から息を吸い込んでお腹を膨らませます。
③口からゆっくりと息を吐けるところまで吐いていきましょう。
④最後は息を強くフッと吐きます。
⑤浅い呼吸を繰り返しましょう。10~30秒その状態で。
⑥元の状態に戻ります。
1日3回を目標に行います。

☆スクワット
①両足を肩幅より少し大きめに開きます。胸を張り姿勢よく立ちましょう。
つま先は少し外に向けて下さい。両手は頭の後ろで組む、または前に出しましょう。
②ゆっくりと両膝を曲げながら太ももと床が平行になるくらいまで腰を下ろしていきます。この時に背筋を伸ばして膝がつま先より前に出ないよう、踵とつま先が浮かないように気を付けましょう。
③最初の状態にゆっくりと戻ります。
これを10~15回行います。慣れてきたら1分ほど休んで同様に。御自身の体力に合わせて行いましょう。無理をしないように。

☆ヨガ
ヨガは古くから伝わる修業法の一つで基礎代謝を上げ、精神の安定をもたらし美容やダイエットに効果があると言われています。
「英雄のポーズ」
①真っ直ぐに立ちましょう。
②前後に足を大きく広げます。息をゆっくりと吐きながら前に出した方の足の膝を90度に曲げ、腰を落とします。
③両腕を伸ばしながら上へと上げていき合掌します。

「椅子のポーズ」
①膝を閉じて真っ直ぐに立ちましょう。
②椅子に座るように膝を曲げてお尻をひきます。
③両腕を真っ直ぐに上げましょう。

ここでオススメのレシピ本も御紹介します。
☆「やせるおかず 作りおき」  著 ・ 柳澤 英子/小学舘
料理研究家の柳澤英子さんが52歳の時に食事だけで、なんと-26㎏のダイエットに成功された時のレシピが紹介されています。
気になった方はぜひこちらも…。

以上が痩せる方法50代、実践の巻です。
どうでしょう…実践できそうなものはありましたか?食生活の改善と運動のどれか一つを選んでセットにして行いましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

痩せる方法50代のポイントと実践の巻のまとめ

50代の痩せる方法のポイントと実践を御紹介してきましたが取り組めそうなものは見つかったでしょうか?
健康的に痩せることが50代の方達にとっては非常に大切なことです。
急な激しい運動や○○しか食べないといった食事制限は体を壊してしまいます。

まずは御自身の食生活を見直すことから始めてみましょう。
健康第一を念頭に、無理なく続けられるものを習慣化していきましょう。
最初は、続けられるかな…と思われることもあるかもしれませんがそこを乗り越えれば大丈夫です。
できることからで構いません、ぜひチャレンジしてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top