Read Article

國母和宏・バンクーバー五輪の動画!腰パン騒動とは?今年の動画もあり

國母和宏・バンクーバー五輪の動画!腰パン騒動とは?今年の動画もあり

バンクーバー五輪代表でプロスノーボーダーの國母和宏さんが大麻取締法違反の疑いで逮捕され話題になって騒がれていますね。

今回は國母和宏さんのバンクーバー五輪に出場した時の動画や今年の日常記録動画、彼にまつわる腰パン騒動についての調査結果を報告します。

 

【スポンサードリンク】

 

國母和宏か大麻取締法違反の疑いで逮捕についての報道内容

國母和宏さんが大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことについてニュースでは次のように報道されています。

バンクーバーオリンピック日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者(31)が、厚生労働省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことがわかった。

バンクーバーオリンピックのスノーボード・ハーフパイプ日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏容疑者は去年、アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸した疑いがもたれていて、11月6日午前、東京・千代田区の厚労省麻薬取締部に出頭し、逮捕された。

バンクーバー五輪での“腰パン騒動”から9年…

国母容疑者は、バンクーバーオリンピックに出場した際、公式服の着こなしや会見での受け答えで厳しい批判を受けたが、その後、USオープンで日本人で初めて優勝し、現在は、雪山を滑り降りる様子を映像化し配信するプロスノーボーダーとして活動していた。

大麻取締法違反での逮捕報道が多いですね。驚いてしまいます。

プロのスノーボーダーとして活動されていたようですが、どうしてなのでしょうか?悲しくなってしまいますね。彼のバンクーバー五輪での動画をお届けしましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

國母和宏、バンクーバー五輪の動画と今年の日常記録動画もあり

國母和宏さんは1988年8月16日生まれ。バンクーバー五輪に出場した時は21歳でした。結果は8位。

現在はカリフォルニア州に住んでおられました。

こちらが今年4月にYouTubeにアップされた日常を記録された動画です。

 

【スポンサードリンク】

 

國母和宏、腰パン騒動とは?

報道内容のところでも少し触れていた腰パン騒動。どんなことだったのか?というと、

10年のバンクーバー五輪では8位入賞も、選手村入村時に日本選手団公式ウエアのネクタイをゆるめ、シャツのすそを出してバンクーバー入りするなど、態度が悪いなどと抗議が殺到。入村式後に開かれた記者会見で「反省してます。競技に影響はありません」と口にした一方で、質問を受けて「チッ、うるせーな」と言い、抗議が殺到。開会式を欠席する事態となった。帰国時には服装を整えていたものの反省の言葉はなかった。一連の行動は物議となった。

引用 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-11060335-nksports-spo

選手としてちょっと考えられない言動ですよね。それから7年後、この騒動についてのインタビューで國母和宏さんは以下のように語っています。

バンクーバー五輪時の騒動について問われると、「まったく後悔していない。自分のスタイルほど大事なものはない。空港でビシッとして、まともなインタビューというのは、自分の中でスノーボードじゃない」と断言。「迷惑をかけた人には自分で謝罪した」と説明した。

引用 : https://www.sanspo.com/sports/news/20170827/ski17082720430007-n1.html

自分のスタイルを崩すことは自分ではないと、スノーボードでなくなると、いうことだったようです。

 

 

國母和宏、逮捕についてみんなの反応

國母和宏さんが逮捕されたことについてみんなの反応はというと、

人を見た目で判断してはいけないけど國母和宏ってめちゃくちゃ大麻好きそうだから逮捕されたと聞いても普通に納得してしまう。本場感あるし。

スノボの國母和宏が大麻で逮捕とのニュース。
五輪の際に服装がどうのとか色々ケチついたじゃん!?
でさ、こういう事件起こすと、また古臭い考えの「服装の乱れは心の乱れ」ってのが正しくなってしまう。
ファッションやタトゥーなどの自由を自らの手で不自由にしてんじゃん!!💢

やっぱりかー、オリンピック会見でナメた口聞いててろくでもないやつって思ってたわ

たぶん『ほれみろ』『やっぱり』が大多数なんだろうな。 批判のあとでどれだけたいしたことをやっても 法を破って捕まっては、すべて水泡。 前より少し見方が変わってきただけに、どうしても『やっぱりなぁ』になる。

 

 

國母和宏、バンクーバー五輪の動画!腰パン騒動とは?今年の動画もありのまとめ

残念なニュースとなりました。

今、日本はスポーツに力を入れていてスポーツの良さを実感しているところ。今の彼の活動に見方も変わってきたという方もいたのに非常に残念ですよね。今度こそ、本当の反省をしてもらいたいものです…。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top