Read Article

京都アニメーション、バジャのスタジオ動画をお届け!ツルネの紹介動画もあり!

京都アニメーションの作品、「バジャのスタジオ」 がNHK総合テレビで放送され話題になっていますね。

今回はその放送を見逃してしまったという方へ…。YouTubeにての動画をお届けしていきたいと思います。更には同じ日に放送された「ツルネ」。この作品の紹介動画も合わせてお届けしていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

京都アニメーション、バジャのスタジオについての報道内容

京都アニメーションの作品、バジャのスタジオについてニュースでは次のように報道されています。

36人が犠牲となった京都アニメーションの放火殺人事件から3カ月以上たった。追悼式典とお別れ会が11月2~4日に京都市で開かれ、多くの関係者やファンが犠牲者を悼(いた)んだ。

事件では監督経験者や作画担当者ら数多くの才能が一気に失われた。そのことに改めて気づかされたのが、11月4日にNHK総合テレビで放送されたオリジナル短編アニメ「バジャのスタジオ」。「京都アニメーションの作品を見たい」というファンの期待に応えて、NHKが地上波としては初めて放送した。

アニメスタジオの人たちと、そこで育てられているハムスターに似た生き物の「バジャ」を描いたもの。約20分のオリジナル作品で、キャラクターが生き生きと動き、ファンタジックな映像の中に、アニメにかける制作者の思いが詰まっている。

NHKの放送では冒頭、次のようなメッセージが流れた。

「この作品は『世界中の人々、とりわけ子どもたちに笑顔になれるアニメを届けたい』という思いから2017年に京都アニメーションとアニメーションDoが、制作したものです。アニメスタジオで暮らすバジャと、ひたむきにアニメをつくる人たちの日々が描かれています。夢にあふれた作品を、お楽しみください」

京都アニメーションのスタジオや制作者らをイメージさせるような、場面やキャラクターも登場した。制作者が役割分担しながらアニメを作っていく描写もあり、「アニメを届けたい」という思いが伝わってくる。

エンドロールのクレジットには、事件で犠牲となった人たちも複数含まれていた。「三好一郎」名義で監督した木上益治さんや、マネージャーを担当した池田晶子さんらだ。京都アニメーションとアニメーションDoの「ALL STAFF」のクレジットもあった。

作品の素晴らしさと、それを作った主な人たちがいなくなってしまったという現実を、多くのファンが改めて感じた。最後に流れた主題歌「手のひらを太陽に」の、「ぼくらはみんな生きている」という歌詞を聞いて涙した人も続出。

 

更には同じ日に、この作品も放送されました。

また、11月4日は、「バジャのスタジオ」に続いて、弓道に打ち込む高校生の青春を描いた「ツルネ ―風舞高校弓道部―」の1話も再放送された。NHK総合で2018年10月から19年1月にかけて、全13話が放送されたものだ。

ツルネのスーパーバイザーを担当したのは、犠牲になった武本康弘さん。武本さんは、「らき☆すた」の監督を務めるなど、京都アニメーションを代表する制作者の一人だった。

NHKは改めてツルネの全13話を一挙再放送する。NHK総合で12月1日午前1時5分から1~7話、12月2日午前0時40分(関西地区は午前1時10分)から8~13話。

引用 : https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00000104-sasahi-soci&p=2

 

京都アニメーションの作品、多くのファンの方たちの思いが届き放送されました。バジャは本当に可愛いキャラクター。そしてアニメを作る人々。

見逃してしまったという方はどうぞ御覧下さい。またツルネの紹介動画もお届けしましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

京都アニメーション、バジャのスタジオ

キャラクターの目がキラキラしていて可愛いですよね。いつまでも見ていたい…そんな気分になります。

 

【スポンサードリンク】

 

ツルネの紹介動画

こちらはバジャのスタジオとはガラリと変わっての弓道アニメ。絵画を思わせるほどの美しさです。

 

 

京都アニメーション、バジャのスタジオについてのみんなの反応

京都アニメーションやバジャのスタジオについてみんなの反応はというと、

最後のエンドロールに当時の全社員(関連会社含めて!)の名前が載っていて、思わずまたうるっときてしまった。現在、公開中の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝」で、全社員の名前を載せることにこだわったのは、こういうのが根底にあったからだろうか。#バジャのスタジオ

あのカットといい、
EDの手のひらを太陽にといい、 このタイミングで放送する内容だって思った… みんなみんな生きているんだ友達なんだ🤝
この選曲が社風の現れだと思う…

京アニの皆さんがまた一歩ずつ前に進む事を願いたいです。

バジャのスタジオ、いいアニメだった。三好一郎こと木上益治さんの監督作としてはMUNTOからの大いなる進歩が感じられた。たまこまも含めた中で原作ありきではない京アニ「完全オリジナル作」では一番面白い作品と感じた。しかしそれ以上にセンチメンタルさが極まるジレンマ。あのEDは本当に…

 

 

京都アニメーション、バジャのスタジオ動画をお届け!ツルネの紹介動画もあり!のまとめ

バジャのスタジオいかがでしたか?素晴らしい作品でしたね。ツルネは続きが放送されますので、ぜひ御覧下さい。

京都アニメーションさんの次なる作品、楽しみに待ちましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top