Read Article

エール、脚本家交代の理由は?清水さんと嶋田さんの評判は?

エール、脚本家交代の理由は?清水さんと嶋田さんの評判は?

次期のNHK連続テレビ小説 「エール」 の脚本家(林宏司さん) が交代されることが報道され話題になって騒がれていますね。いったい何があったのでしょうか?

今回はエールの脚本家が交代される理由は何なのか?新たに手掛けることとなった、清水友佳子さんと嶋田うれ葉さんの世間の評判はどうなのか?についての調査結果を報告します。

 

【スポンサードリンク】

 

エールの脚本家交代についての報道内容

NHK連続テレビ小説 「エール」 の脚本家が交代することについてニュースでは次のように報道されています。

NHKは5日、俳優・窪田正孝主演の次期連続テレビ小説「エール」の脚本家が、林宏司氏から、清水友佳子氏と嶋田うれ葉氏、および番組スタッフに交代することを発表した。林氏は「エール」の発表時にNHKのドラマ公式HPで、今回の朝ドラへの意欲をにじませていた。

林氏は00年に脚本家デビュー。フジテレビ系「医龍」「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~1、2」などの医療系、フジテレビ系「離婚弁護士」NHK「ハゲタカ」など社会派も手掛ける人気脚本家だ。

今回の朝ドラ執筆に関し、林氏はNHKドラマの公式HPで、主人公のモデルとなる作曲家の古関裕而氏を取り上げたことに「静かな人がいました。その人は、音楽史上に燦然と輝く業績を残しながら、ことさらそれを喧伝することもなく、妻を愛し、仲間を愛し、ただひたすら自分のできること、しなければならないことに全力を注いで一生を全うした…。少し前の時代ならざらにいて、今ではついぞ見かけることのなくなった、古きよき日本人…それが、私の想像する古関裕而という作曲家です」と説明。

そんな古関を支えた妻にもスポットを当て「明るくポジティブな妻と、気弱だけど天才の夫…夫唱婦随ならぬ“婦唱夫随”。ドラマはそんな2人の物語であり、また激動の昭和史でもあります」と2人を描きながら、昭和史を重ねる意欲を示し「暗い時代も明るい時代も、人々の心を揺さぶり、励まし続けた“古関メロディ”のように、このドラマが、どうか、朝のひととき、誰かの“エール”になれますように」と意気込みを示していた。

次期の連想テレビ小説、楽しみにしていたのですが、急な交代!?何があったのでしょうか?こんなに意欲を持たれていたのに…。残念ですよね。

交代の理由としてはこのような噂がTwitter上では上げられています。

 

【スポンサードリンク】

 

エール、脚本家交代の理由は?

NHK側の脚本家交代の理由は 「制作上の都合」 とのこと。ですがTwitter上では以下のような噂が上がっています。

実は交代となった林宏司さんは、来年1月から始まる日本テレビ系のドラマ「トップナイフ-天才脳外科の条件-」 の脚本を手掛けられているのです。

しかも今朝 (5日) 、ニュースで報道されていました。その報道内容がこちら。

女優の天海祐希(52)が来年1月スタートの日本テレビ系「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」(土曜・後10時)に主演することが4日、分かった。

大ヒットドラマチームが集結し、天海の新たなドラマが2020年の幕開けを飾る。今作は、フジ系「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」「医龍―Team Medical Dragon」の脚本を手がけた医療ドラマの名手・林宏司氏のオリジナルドラマ。演出はかつて、天海主演の日テレ系「女王の教室」「演歌の女王」を担当した大塚恭司氏が務める話題作だ。

医療ドラマが数多くあるなかで、今作は0・1ミリのミスも許されない脳外科がテーマ。天海は脳動脈瘤(りゅう)のスペシャリストで、仕事に情熱を燃やす一方で、家族を捨てたという罪悪感を抱えている主人公・深山瑤子を演じる。初の脳外科医役となる天海は「少し調べただけでも長時間労働、勉強と緊張の連続、熟練した脳外科医の余命はとても短いなど、厳しい現状が浮かび上がりました。さまざまを踏まえ、お芝居に生かせたら」と意気込む。

天海は旧知の林氏、大塚氏との再会にも大喜び。林氏とはフジテレビ系「BOSS」以来のタッグとなり「私のこともよくご存じですので、どんな角度で来られるか今から戦々恐々です」。大塚氏についても「細部まで計算されていて、演じる側としても、いつも幾つもの発見があります」と信頼を寄せる。「林さんの脚本、大塚さんの演出の魅力を存分に皆様にお届けできたら」と力を込めた。

◆構想10年の林氏「脚本家冥利」

10年ほど前から脳外科医のドクターらとともに同作の構想を練っていたという林氏は「天海さんは、構想段階から勝手にイメージしていたので、脚本家冥利につきます」と告白。「酸いも甘いも噛(か)み分けた『孤高の脳外科医』の、明るさと切なさをどう演ってもらえるのか、共演者とのコラボも含め、今からワクワク」と期待しつつ「人間臭いオトナの群像劇でもあります。医療ドラマと群像劇をお楽しみください」と呼びかけた。

引用 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000005-sph-ent

つまり、掛け持ちということになりますよね?そして、エールよりもこちらを選んだということになるのでしょうか?10年前から練っていたという、しかもイメージ通りの天海祐希さんに決定ということで…。との理由でしょうか?

憶測ではありますが、同じ日の発表となると考えてしまいますよね。しかも天海祐希さんオファーについてはこんな報道もありました。

「日本テレビはかねてから米倉涼子さん(44)のドラマ『ドクターX』のようにシリーズ化の見込める医療作品を企画し、“米倉さんに匹敵するインパクトのある女医”として天海さんにラブコールを送り続けていました。そこで今回、1話250万円という破格の出演料を提示。さらに『ドクターX』と比較されることを予想していた天海さん側を局の上層部が何度も説得したそうです。その熱量を目の当たりにした天海さんの気合も相当なものだと聞いています」(テレビ局関係者)

引用 : https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00010007-jisin-ent

天海祐希さんに是非とも出演してもらいたかったようですね。

では交代となって脚本を手掛ける清水友佳子さんと嶋田うれ葉さんの世間の評判はどうなのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

清水さんと嶋田さんの世間の評判は?

嶋田うれ葉さんは1974年生まれ。

小説「愛のシアワセ」 でデビュー。

脚本家の作品としては 「アラサーちゃん」 「全力失踪」 「リカ」 などがあります。

 

清水友佳子さんは2000年に脚本家としてデビューをされました。

主な作品としては 「君が想い出になる前に」 「不機嫌な果実」 「リバース」 「夜行観覧車」     * 映画 「手紙」

などがあります。

 

 

エール、脚本家交代の理由は?清水さんと嶋田さんの評判は?についてのみんなの反応

エールの脚本家交代についてみんなの反応はというと、

「エール」の脚本家さん交代なの…脚本はドラマや映画のレシピであり骨格。良い物が出来ることを祈るばかり(。ー人ー。)

朝ドラ脚本家交代で 夜行観覧車やリカ風味に なるとみた😎

 窪田くんの朝ドラ『エール』が大変なことに。林先生、あまみんのドラマの脚本をやるということは体調面の問題ではないだろうし、うーん。
まぁ、今日発表しただけで交代自体は以前に決まっていたとは思うけど、それにしてもこの時期か。

朝ドラ エール 大丈夫かなあ 片方の人のリバースはハマって かなり面白かったけれど
もう片方の人全然観てない
せっかく舞台が生まれ故郷の福島なんだから
ガッカリするようなことに
なりませんように・・・

日テレの脚本やるから朝ドラやめるよ!って事?

 

 

エール、脚本家交代の理由は?清水さんと嶋田さんの評判は?のまとめ

急な脚本家交代に驚いてしまいましたが、やはり掛け持ちの難しさが理由でしょうか?

女性御二人と番組スタッフによる脚本となるわけですが、どんな作品になるのでしょうか?注目です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top