Read Article

400mリレー動画!リレー侍が2019ドーハ世界陸上で銅メダル!!

リレー侍が2019ドーハ世界陸上で銅メダルを獲得しました。
400mリレー動画をご覧ください。

400mリレーのメンバーは、
多田 → 白石 → 桐生 → サニブラウン

 

【スポンサードリンク】

 

400mリレー(リレー侍)銅メダルの報道内容

400mリレー(リレー侍)銅メダルについてニュースでは次のように報道されています。

陸上の世界選手権は第9日の5日、ドーハで男子400メートルリレー決勝が行われ、日本(多田修平=住友電工、白石黄良々=セレスポ、桐生祥秀=日本生命、サニブラウン・ハキーム=米フロリダ大)はアジア新記録の37秒43で2大会連続の銅メダルを獲得した。8位以内に入って来年の東京五輪の出場権も獲得した。これまでの日本記録は銀メダルだった2016年リオデジャネイロ五輪決勝で出した37秒60だった。米国が37秒10で優勝し、英国が37秒36で2位。

日本は第1走者を精彩を欠いていた小池祐貴(住友電工)から多田に前日の予選と入れ替えて臨んだ。第2走者以降は予選と同じ順番だった。

予選は37秒78の2組2着、全体3位のタイムで決勝に進んでいた。サニブラウンは世界選手権の過去2大会はけがなどの影響でリレーメンバーを外れており、今大会の予選が五輪、世界選手権を通じて初のリレーだった。また、サニブラウン、桐生、小池が「100メートル9秒台トリオ」としてリレーに挑むのも五輪、世界選手権を通じて今大会の予選が初めてだった。小池は決勝はメンバーから外れたが、多田が見事に穴を埋めた。

前回の17年ロンドン大会決勝で37秒台を出したのは2チーム。今大会の予選では決勝に進んだ8チームのうち日本を含む7チームが37秒台を出した。決勝もハイレベルな戦いとなったが、2大会連続の表彰台を狙う来年の東京五輪に向けて、「前哨戦」でメダルをつかんで弾みをつけた。

リレー侍が躍動して惜しくも銅メダルを獲得した400mリレー。
37秒台で決勝に進んだチームがしのぎを削ったリレーでしたね。
2020年東京オリンピックが楽しみになってきました。

 

【スポンサードリンク】

 

400mリレー決勝の動画

400mリレー(リレー侍)銅メダルを獲った動画でした。
アメリカが断トツで早かった!
イギリスに先行して2位でサニブラウンがバトンをもらいましたが、最後20メートルでわずかに抜かれて3位でしたね。

しかし、アジア新の記録で世界3位になり、東京オリンピックの出場権を得ることができましたね。

 

【スポンサードリンク】

 

400mリレー白石黄良々ってだれ?


多田 → 白石 → 桐生 → サニブラウン

白石黄良々は1996年05月31日生まれの鹿児島出身の選手です。
鹿児島の米ノ津中 → 鹿児島の出水商高 → 大東文化大学 で鍛えてきた選手

黄良々という名前の由来は、母親が映画の「黄色いハンカチチーフ」が大好きで、「人に幸せを与えられる良い人になってほしい」という思いで付けたんだそうです。
本人も気に入っているということで、インパクトのある名前です。

400mリレー(リレー侍)銅メダルのみんなの反応

ラグビー🏉本当に素晴らしい試合で大興奮でした
🎌(๑•̀○•́๑)📣
そして夜中には男子400mリレー銅メダル獲得*(^o^)/*🥉日本は強くなりましたねえ💪

おめでとー❗️🥉
しかも日本記録更新🎊
途中まで2位だったんだね…すごいよ…東京オリンピックも楽しみ😊

世界陸上で #銅メダル !すごい!おめでとうございます!個々の力ではちょっと分が悪いけど、団体になれば勝負できる。そういうことをいつも教えてもらえるリレーチーム。いいですね!

アメリカは、バトンパスが上手く行けばやっぱ強いな…
小池選手、出られなかったかー、でもみんな明るくていいね!
|世界陸上男子400mリレー 日本は銅メダル

男子4 x 100mリレー
銅メダル🥉
おめでとうございます‼️👏👏👏👏👏👏👏👏

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top