Read Article

U-18侍ジャパン、敗戦の要因は何処にあったのか?

U-18侍ジャパン、敗戦の要因は何処にあったのか?

U-18侍ジャパン、5位という結果に終わりました。ハードスケジュールの中、選手達は頑張りましたね。ですがやはりこの結果に残念に思う方もおられますよね?敗戦の要因は何だったのか?と毎日のように各、ニュースでも取り上げられています。

今回はU-18侍ジャパンの敗戦の要因は何処にあったのか?についての調査結果を報告します。

 

【スポンサードリンク】

 

U-18侍ジャパンの敗戦についての報道内容

U-18侍ジャパンの敗戦についてニュースでは次のように報道されています。

第29回 WBSC U-18 ワールドカップ。世界一を目指した侍ジャパンU-18代表は5位に終わった。世界一を目指した選手たち、高野連にとっては痛恨の結果だろう。今、なぜ5位に終わったのか、各メディアで議論されている。
高校野球ドットコムでも、今回は数字を使いつつ、1つずつ検証を進めていきたい。まず投手運用についてだ。

特定の投手に頼った投手起用

今年は「史上最強の投手陣」だと何度も伝えてきた。それは結果として現れている。4位までに入ったチームと比較すれば、今年の投手陣が優秀だったか分かるはずだ。

日本      防御率1.58  62.2回 93奪三振 奪三振率13.36
アメリカ    防御率2.69  67回  64奪三振 奪三振率8.60
韓国      防御率3.52  69回  80奪三振 奪三振10.43
オーストラリア 防御率3.75  67回  55奪三振 奪三振率7.39
チャイニーズタイペイ 防御率3.75 60回 57奪三振 奪三振率9.75

防御率、奪三振率はこの4か国よりも上回っている。他国の投手と違ったのは、三振を奪える変化球を必ず持っていたこと。18奪三振の奥川 恭伸であれば、縦スライダー、西 純矢であれば、フォーク。そういう意味で、日本の投手育成は改めて世界一ということを証明できた。

ただ気になる点はある。それは特定の投手に頼った投手起用だということ。去年は柿木 蓮、根尾 昂、吉田 輝星だったが、今年は強豪国相手には西、宮城 大弥、飯塚 脩人に集中する形となった。

西は13.1回、宮城は8.2回、飯塚は6回。特に西はアメリカ戦からパナマ戦まで3連投してから中2日の韓国戦で起用するなど、ほぼ西に頼った形だ。上位4か国の登板人数を見ると、一目瞭然。

日本 9名
チャイニーズタイペイ 9名
韓国 11名
アメリカ 12名
オーストラリア 11名

チャイニーズタイペイ以外、10人以上登板しており、投手運用を行っている。特にオーストラリアは右5人、左5人控えており、少し危ないと感じれば、躊躇なく継投をしていた。オーストラリアの投手陣の力量は世界的に見ても並みだが、先発・中継ぎ・ワンポイント・左の中継ぎと、役割分担ができていた。オーストラリアのフィッシュ監督は「投手起用に関しては、投手陣はコンディションが良かった」とコンディションの良さがうまく運用できた要因だろう。

一方、日本の投手運用はどうだろうか。奥川は甲子園での疲労、佐々木 朗希は血豆。ダブルエースが第1ラウンドで登板できず、7人で回す形となった。5日連続の試合を7人で回して、球数制限がある中、勝利を目指すのは、今回の首脳陣に限らず、特定の投手に負担がかかるのは必然なのだ。

また、佐々木 朗希は血豆を再発してしまい、わずか1イニングに終わったことも響いた。
数値が、すべての面で劣っていて、5位に終われば、単純に世界レベルに達していないと切り替えるだけでいい。

しかし数値面で優れているのに5位に終わるという結果はいろいろな面で問題がある。今回は20人すべてが思い通りに機能しなかったことが一番の敗因だといえる。なぜ機能しなかったのか?それは選考、戦術の面で多岐にわたって総括し、次の世代へ引き継ぐ必要がある。

今回の結果はいろいろと論議されていますよね。何が要因だったのか?私も試合を見ましたが確かに雨が降ったり、風が強かったりなど悪条件な中での試合が多かったこと。甲子園疲れのため奥川選手の起用がなかなかできなかったこと、守備の面でのミスが多かったことなどいろいろとありましたよね。

天候が悪いのはみんな同じですから除外しないといけないでしょうけど。何かいろいろな面で考えさせられる大会だったのではないか?と思いました。

 

【スポンサードリンク】

 

U-18侍ジャパンは人選に問題あり?

人選を問題視する意見、多かったですね。

 

【スポンサードリンク】

 

U-18侍ジャパン敗戦の要因、こんな意見も

今回の大会は守備のミスが多かったのを感じました。ミスがもっとなければ勝てたはずです。

しかしそのミスが多かったのは以下のようなことが背景にありました。

永田監督が「最後まで守備面」と敗因に挙げたように8試合で9失策。うち7失策を犯した内野手は、7人中6人が本職は遊撃手だ。昨年と一昨年の国際大会から投手は1人増の9人にしたため、本来の一、二塁手は0人と偏った。夏の甲子園で優勝した履正社の選手は0人だった。

引用 : https://hochi.news/articles/20190907-OHT1T50349.html

この内容を見るとミスが出たのも理解できるかなと…。慣れない球場な上に慣れないポジションでの守備、プロの選手ならまだしも彼らはいくら日本代表とは言っても高校生ですからね。気の毒な感じがします。

 

 

U-18侍ジャパンの敗戦の要因は何処にあったのか?についてみんなの反応

U-18侍ジャパンの敗戦の要因は何処にあったのか?についてみんなの反応はというと、

奮闘空しく、5位に終わったU18高校野球W杯。 代表選手は本当によく頑張った!選手の選考や起用、準備に問題、、監督とスタッフは何をやっていたんだ!💦選手には実力は十分ある。うまく回していればもっと上位に行けた筈。

高校野球終わってすぐにって言うスケジュールを批判する人も多いよね

U-18の野球日本代表を見るとやっぱり、本来の守備位置を守ってる選手を選ぶべきだったんだろうねってなった いくら有能で内外野出来ても本来は投手だし 投げてその翌日には守備してって酷使し過ぎなのでは?ってなった

U-18高校野球日本代表… 残念でしたが、仕方ありませんね… 勝負は時の運とも言いますし、彼らの今後の活躍に期待しましょう!

 

バランスのとれたチームを形成することがNo.1になるための必須条件ですね。それぞれの選手がベストな力を出せるポジションにおくこと、特に世界大会においては思います。

 

U-18侍ジャパンの敗戦の要因は何処にあったのか?のまとめ

日本はやはり野球王国、世界ランキング1位の誇りがあります。

なので求められるものも大きいです。

それだけの実力もあるということなのですが…。今回の大会はいろんなことが上手く噛み合っていなかったことが敗戦の要因であったと感じましたね。選手の中には万全な状態で望めなかった人もいたでしょう。

ですが日本代表として大会に出れたという自信は持ち続けて欲しいと思います。

学んだこともたくさんあったと思います。この経験を今後に生かして野球をこれからもずっと続けていって欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top