Read Article

大谷選手の三刀流はできる?できない?

大谷選手の三刀流はできる?できない?

エンゼルスの大谷翔平選手が、来シーズンは三刀流起用の可能性があるかもしれないと話題になって騒がれていますね。何ともビックリな話ではありますが…。

今回は大谷翔平選手の三刀流はできるのか?それともできないのか?について皆さんの意見を御紹介していきたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

大谷選手の三刀流起用の可能性についての報道内容

エンゼルス大谷翔平選手の三刀流起用の可能性についてニュースでは次のように報道されています。

 来季はフル回転での活躍を期待されそうだ。

来季、二刀流としての復活が見込まれるエンゼルス・大谷翔平(25)に新たな役割が与えられるからだ。

昨季終了後に、右肘靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けた大谷は今季、打者に専念。DHで98試合に出場し、353打数、102安打の打率.289、16本塁打、54打点。8月28日のレンジャーズ戦の第2打席から、31日のレッドソックス戦まで快音が響かず、自己ワーストの13打席連続無安打(2日終了時)。今季は好不調の波が激しいとはいえ、パワーは依然として健在だ。打球の軌道などを計測するMLBのスタットキャストによれば、大谷の今季の平均初速は92.6マイル(約149キロ)で、大リーグ平均(約141キロ)をはるかに上回る。

一発があり、内野安打にできる走力も併せ持つ大谷は、相手投手にとっては嫌な存在ではあるものの、打者としての先発出場はDHのみで、起用法は限られている。指名打者が使えない敵地ナ・リーグでのインターリーグではスタメンを外れ、ベンチ待機を強いられるのだ。今季、エンゼルスの敵地での交流戦は、大谷が復帰した5月以降では計8試合。いずれも、ベンチで待機し、代打での起用に終わった。

■指揮官は「選択肢のひとつ」

来季はナのホームでのインターリーグが7試合組まれている。地元メディアから「来季の大谷を外野で起用する構想はないのか?」と聞かれたエンゼルス・オースマス監督。

「もちろん、それも選択肢のひとつだ」と認めた上で、「あくまでも翔平のコンディショニング次第だが、決して不可能なことではない」と大谷を二刀流どころか、外野も加えた三刀流の起用に前向きな姿勢を見せているのだ。

投げて打って、なおかつ守備にも就くともなれば、大谷への負担は増す。手術明けの大谷が投攻守の三刀流をこなすのは可能なのか。

「エンゼルス首脳陣はシーズンを通じて守備に就かせるはずはなく、ナの本拠地での交流戦、ポストシーズン進出争いが熾烈になるレギュラーシーズン終盤などでの、限定的な起用になるでしょう。現在の布陣から見て、大谷は守備力が落ちているアップトンに代わって左翼で使われるのではないか。左翼、右翼の3番手の位置付けで、外野手としての出場は30試合程度になると予想される。TJ手術から復帰1年目の来季はエースとして期待はするでしょうが、無理はさせず、先発25試合、150イニングが目安になり、中6日の登板間に外野手として出場することは十分に可能だと思います」(スポーツライター・友成那智氏)

来季から、大リーグのロースターは現行の25人から1人増えて26人に拡大する。各球団とも先発ローテを6人(現在は5人)で回すとみられ、日程によって大谷は休養十分で登板することも可能になる。

肝心の大谷の守備力といえば、17年までプレーした日本ハム時代、外野手で62試合に出場して90個の刺殺を記録。失策はわずか1個で、守備率9割9分だった。

「日本ハムでの外野守備を見た限りでは、守備力に不安はありません。むしろ、俊足、強肩を生かして安定した守備が見込めると思う。これまではバットが振れているにもかかわらず、DHの使えない試合で、ベンチ待機を強いられた。打撃でのリズムは掴みにくかったはずですが、守備に就くことは打撃にプラスに働くのではないか」(JスポーツMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

来季はロースター拡大に加え、「大谷ルール」といわれる二刀流登録に関する規定が設けられる。これは「前年かその年に20イニング以上の登板、なおかつ野手で20試合以上の先発(各試合で最低3打席以上)」の条件を満たした場合、「二刀流枠」として登録できるもの。オースマス監督はすでに「来季、大谷をまずは打者として20試合に先発させる」としている。

交流戦ではないものの、早ければ3月26日のアストロズとの開幕戦に「3番・左翼」でスタメンに名を連ねそうだ。

うーん、三刀流…。まずは二刀流ができるようになることが先決なのでは?と思いますが。手術も無事に終わって、試合でどれだけ投げることができるのかもまだ分からない状態ですしね。一年間、怪我なく元気に試合に出ることが第一ではないかと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

大谷の三刀流はできる?についての理由

外野の守備は長打コースになる為、大事ですよね?大谷選手は足も速いし、肩もいいので適してはいるかもしれないです。

またDHで出るよりも打率が上がってくる可能性もありますしね。守備につくことでリズムがとれるという話も聞きます。

 

【スポンサードリンク】

 

大谷選手の三刀流はできない?についての理由

メジャーの試合の移動は日本より大変だと聞いたことがあります。

もちろん大谷選手のコンディション次第とは言ってますが、いくら若くても限界というものがありますよね。

 

 

大谷選手の三刀流はできる?できない?についてのみんなの反応

大谷選手の三刀流はできる?できない?についてみんなの反応はというと、

大リーグでもピッチャー俺、バッター俺、外野俺っていうのは確かに見たい。が、怪我が怖い。手術明けだから大事に起用してほしい。

肩が強くて足も速いと外野手として使いたくなるよな…

大谷さんの三刀流の構想素晴らしすぎますが、記事を読み進めると、彼の大リーグ入りで二刀流ルールが制定されたことに驚愕です!

投手・DH・野手で三刀流??じゃあDHと野手してる選手は二刀流???

 

ファンとしては大谷選手のいろんなプレーが見てみたいという思いもありますが、怪我なく長く選手として活躍してもらいたいので無理のない起用を望みますよね。

 

 

大谷選手の三刀流はできる?できない?のまとめ

大谷選手の三刀流についていろいろな意見がありました。でも共通して言えることは、無理のいかない起用を皆さん望んでいるということでしたね。

二刀流ですら難しいと言われるのに、三刀流とは…。それだけ大谷翔平選手はすごい人なのだと言うことなのでしょうけど。来シーズンはもっと多くの試合で彼の素晴らしいプレーを見たいですよね。まずは二刀流を…。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top