Read Article

汗が止まらない夏!その原因と汗をおさえる対策

汗が止まらない夏!その原因と汗をおさえる対策

この記事では、夏に汗が止まらない原因を探りつつ、汗をおさえる方法を解説します。

うだるような夏の季節に汗が止まらないほど流れて、その処理に困った経験はありませんか。

たとえば出勤中に遅刻しそうになって、焦ると緊張の汗か暑さの汗なのかごっちゃまぜになって大変だった経験があるでしょう。

汗が出るのは自然の摂理なので完全に止めることはできませんが、少しでも汗だくの状態から快適に過ごしたいと思いませんか。

今回は、夏に汗が止まらないほど出る原因を探りつつ、少しでも汗をおさえて快適に過ごす方法を紹介します。

 

【スポンサードリンク】

 

夏に汗が止まらない原因とは

そもそも夏になると、なぜ汗が滝のように流れるのでしょうか。それは気温につられて体温が大きく変化しないための防衛反応なのです。

ここでは汗が体温を下げるメカニズムを解説します。

汗は体温を下げる働きがある

人が汗をかくのは体温の上昇をおさえるためで、外の暑い空気につられて体温が上がるのを防ぐ働きがあるのです。

人の体温はつねに36~37度に保たれていて、外の気温が大きく変化しても体温がつられて影響をうけないよう、自前で体温調節する機能を備えているのです。

ちなみに汗をかいて体温を下げるのでなく、正確には汗が蒸発した気化熱で体温を下げる仕組みとなっています。

夏に汗が止まらないほど出てしまうのは、体が体温調節を必要としている結果であって悪いことではありません。

ただ気をつけてほしいのは、大量の汗にくわえて頭痛や疲労感を感じてきたら熱中症の可能性があります。

塩分をふくめた水分補給をすることが大切ですので、ポカリスエットなどスポーツ飲料で補給してください。

緊張のストレスによる汗も

炎天下のなか緊張を強いられる作業をしていると、暑さによる汗か精神的ストレスの汗なのかわからないほど汗をかくことがあります。

緊張のストレスによる汗は冬でも起こりえることなので、これを改善するには精神的に強くなる必要もあり、克服するには一筋縄ではいきません。

 

【スポンサードリンク】

 

夏に汗が止まらない人の対策

夏の汗で一番こまるのは「見た目の問題」です。

なぜなら顔が汗だくなのはもちろん、髪の毛や首筋とシャツまで濡れているあなたの姿が、まわりの人々に負のイメージをあたえます。

暑さから出る汗を止めることはできませんが、可能なかぎり汗は拭きとりましょう。

汗を拭きとるコツ

人の汗の大部分は、上半身に限定すると頭皮・背中・脇・胸を中心に出ており、頭部の場合は顔汗の多くが頭皮から流れてきます。

つまり、おでこに汗を感じたら髪の生え際をハンカチで「さっ」と拭くと顔が汗だくになるのを防げます。
首のうなじも同じく、汗を感じたら拭きとりましょう。

なにか作業しながらだと、あふれ出る汗に拭きとりが追いつかなくなる可能性もありますが、汗の拭きとりを「する」と「しない」では清潔感が違うので努力してください。

ちなみに汗の拭きとりは、ペラペラのハンカチではすぐに汗で濡れるので吸水性のあるタオルハンカチなどを用意しておきましょう。

冷たいペットボトルで体を冷やす

いよいよ暑くなってきたら、冷たいペットボトルで首まわりを冷やしましょう。

首に太い血管が通っているせいか、首から上がヒンヤリして気持ちがいい感じがします。

頭皮の汗をとめる効果も期待できるので、ぜひ試してください。

それとペットボトルは皮膚に直付けすると冷たすぎるので、タオルで巻いて当てましょう。

じわじわくる冷たさが汗ひきに貢献します。

 

【スポンサードリンク】

 

夏に汗をおさえる制汗グッズ

夏の蒸し暑い季節、汗が止まらない方におすすめの制汗グッズを紹介します。

ポイントは汗をかく前と、汗をかいたときのケアで、汗のニオイ対策にもなります。

8×4パウダースプレー:お出かけ前に

お出かけ前に、8×4パウダースプレーを首筋、胸、背中、脇など汗で気になる部分に拭きつけましょう。

とくに胸・背中・脇はシャツの下なので、汗をかきはじめるとケアが難しいですから、お出かけ前にパウダースプレーで吹いておきましょう。

それから、このパウダースプレーは殺菌成分が含まれているので汗のニオイ対策になります。

シャツが汗で濡れると最悪は漬物のようなニオイがするので、清潔なシャツにパウダースプレーで万全の態勢で備えましょう。

8×4パウダースプレー無香料

8×4 パウダースプレー 無香料 [大] 150g

新品価格
¥433から
(2018/5/30 06:42時点)

8×4ボディリフレッシュ:汗をかいた肌に

日中はどんなに汗ケアしても、顔とシャツが汗だくになるときがあります。

そんな場面に備えて、カバンの中に替えのシャツと「8×4 ボディフレッシュ クールデオドラント」を入れておきましょう。

このクールデオドラントは汗をかいた肌に使えて、清涼剤が火照った体をクールに冷やしてくれます。

このスプレーには殺菌・消臭成分も入っているので、気になる汗のニオイも気になりません。

これなら大事な会議があっても安心です。

エイトフォー ボディフレッシュ クールデオドラント

8×4 ボディフレッシュ クールデオドラント フレッシュソープ

新品価格
¥433から
(2018/5/30 06:45時点)

まとめ

今回は、夏に汗が止まらない原因と汗をおさえる方法をお話しましたが、汗対策として出かけるまえに制汗スプレーをして、顔の汗はこまめにハンカチで拭きとりましょう。

それとカバンのなかに替えのシャツと、汗をかいたときに有効な制汗スプレーを準備して、暑い夏を乗りこえていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top