Read Article

ホワイトデー手作りのお返しに隠された心理とは?

ホワイトデー手作りのお返しに隠された心理とは?

今年も「ホワイトデー」が、やってきますね。
心待ちにしている人、ドキドキしている人etc. 男性は、いろいろと考えてお返しをくれるわけですが、中には、“手作りのお返し”をくれる人もいますよね?

さて、そこに隠された男性の心理とはいったい、どのようなものなのでしょうか…?
女性なら、気になりますよね?探っていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

男性にとっての「ホワイトデー」とはどんなもの?

基本、女性はイベント好き。もちろん、個人差はありますが、贈ったり、贈られたりするのが好きですよね?
さて、男性は、どうなのでしょう?

もちろん、男性も人それぞれではありますが、基本、女性ほど、イベントにはあまり興味がありません。
男性同士で、贈ったり、贈られたりすることって、あまりないですよね?

なので、女性が、“バレンタインデー”に熱を入れるほど、男性は、“ホワイトデー”に熱を入れるという事はないと言えます。

そりゃあ、もちろん、女性にバレンタインのチョコをもらったから、きちんと「お返しをしなければ!」と考えている人もいます。

ですが、多くの男性は、面倒だな~と思ったり、バレンタインデーから、1ヶ月あるからでしょうか、ホワイトデーを忘れてしまったりするとか…。

(悲しすぎますが…)中には、過去に嫌な思い出がある人もいるかもしれません。
例えば、お返しの品に文句をつけられたとか、買うのが大変だったとか…。
つまり、男性からすれば、“ホワイトデーは、義務的なものと捉えている人が多い”という事に。

チョコレートを贈った女性からすると、何とも悲しい話ではありますが、そんな男性もいるという事を知っておく必要があるようです。

ですが、女性もそうじゃないですか?
例えば、バレンタインに義理チョコを贈る場合、お世話になっているからとか、毎年、贈っているから…と思うことはありませんか?
贈らなければ…という思いが働いているはず。

義務的になっていると言えるのでは?

そうは言っても、ホワイトデーのお返しをきちんとしてくれる、男性もいるわけです。
“手作りのお返し”をしてくれる人もいますが、女性達は、手作りのお返しについて、どう思っているのでしょうか?

「ホワイトデー」手作りのお返しは、あり?なし?どちら?

男性からの手作りのお返し、調べてみました。
圧倒的にスイーツが多かったです。
その種類は様々で、チョコレート、クッキー、ブラウニー、クレープetc. 手作りするだけあって、レパートリーも広い!本格的ですよね。
スイーツ以外では、手作りの歌もありました。(バンドマンの彼ですかね♪)

最近は、「スイーツ男子」という言葉があるように、甘いものを好きな男性が多く、自ら、作ってしまう男性が、増えてきているようです。
パティシエも男性が多いですよね。

ホワイトデーオススメの手作りレシピなども、ネットで検索すれば出てきますし、“親子で手作り”なんてのもありましたよ!
最近は、バレンタインやホワイトデーを楽しむ小さな子どもたちも増えてきているので、オススメかもしれませんね。手作りブーム到来!といった感じなのかもしれません。

さて、手作りをもらった女性の反応は?というと、これも様々。
嬉しかった、感激した、引いた、重い、などなど。

喜びの声は、彼氏や旦那さんからもらった人が多く、悲しみの声は、義理でもらった人が多かったです。
中には、作られたお菓子があまりの腕前で、ショックを受けたという声も…。確かに、手作りを贈るくらいですから、自信がないと作らないでしょうしね。そういうのを男性が極めると、何だか凄そう!

つまり、彼氏や旦那さんからの手作りはあり。
義理なら、手作りはなし。
ということになります。

ですが、普段から、手作りの評判がある人なら、義理でもありのようです。なかなか難しい所。女性は、厳しい~。

それでは、手作りをする男性の心理とは、いったいどのようなものなのでしょうか?女性の方、考えたことありますか?

 

【スポンサードリンク】

 

「ホワイトデー」手作りのお返しをする男性の、隠された心理とは?

手作りでお返しをする男性、いったい、どのような心理が働いているのでしょう。

実は、「男性は、自身の手作りという付加価値を女性が喜ぶものだとは思っていない。」「特定の人には自分で作るよりももっと良いものをと思うため、特定の人にだけわざわざ手作りすると言う人は殆どいない。」(https://spirituabreath.com/howaitode-dannseisinnri-13645.html)のだとか。

う~ん。何ともチョット悲しいお話です。

「(女性は、)男性は、手作りは喜んでもらえる!」と思って頑張って手作りしますが、男性は、違うんですね。

ですが、“特定の人には、もっと良いものを!”という気持ちは、分かる気がしますし、嬉しいですけどね。
男性と女性の大きく違うところなのでしょうか。冷静に判断をしないといけないのですね。
ついつい、女性なら、喜んでしまうところ…。

もちろん、その男性の性格や女性との関係などによって、変わってきますので、あまり、悲観なさらないようにして下さいね。

又、普段、お菓子作りなどしないような男性が、手作りのお返しをした場合は、特定の女性としての可能性ありという意見もありました。
確かにそうですよね、一生懸命、その女性の為に作るわけですから、思いが込められているはず。

男性が10人いれば、10の性格があるわけです。そのような心理が働いていたとしても、手作りをして贈ってくれたという気持ちを素直に受けとめたいですよね。時間を取って、作ってくれているのですから。

 

【スポンサードリンク】

 

まとめ

「ホワイトデー」手作りのお返しに隠された心理について書いてきました。“男性の心理って分からない。”ものですね。ですが、男性からすると、“女性の心理って分からない。”に、きっと、なるのでしょうね。だから、恋愛は、なかなか上手くいかないのかも…。もっと、お互いに、心理を理解する必要があるのかもしれません。

最近では、バレンタインデーの捉え方も変化してきています。自分の為に買ったり、友チョコをあげたり、本命へのチョコレートの率が減ってきているなんていう話も聞きました。ホワイトデーも段々とその傾向になりつつあるとも言われています。そうすれば、男性への負担も減ってくるのでしょうか…。イベントなので、楽しいものでありたいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top