Read Article

田中恒成が世界戦の試合で腹筋の5番狙い宣言した。最速王者になれるか?

田中恒成が世界戦の試合で腹筋の5番狙い宣言した。最速王者になれるか?

WBO世界ミニマム級2位の田中恒成が5月30日に同級1位フリアン・イエドラス(27=メキシコ)と対戦する。

田中恒成にとって初めての世界戦の試合なのですが、どこか自信がありそうな感じがします。

田中恒成はまだ19歳なのですが、検量時のコメントではイエドラスの見事な腹筋に対して自分も6パックに割れていると敵対心をあらわにしていました。

確かに腹筋は割れていますが、イエドラスの方がきれいかな?

田中恒成はイエドラスの腹筋5番を狙います。とのコメントを残し30日に世界戦の試合に臨みます。

腹筋の5番がどこかは明確にしませんでしたが、上→下→右で数えたら相手の左真ん中の腹筋、上→右→下の順で数えたら右下の腹筋になります。

たぶん、後者だと思います。後者だとレバーの前あたりになると思いますので・・・

レバーってわかりますか?

ちょうど、おへそから背中に回ってすぐのあたりで、自分でグーで叩くとちょっとでも痛いところがレバーです。

レバーを叩かれると、ズシンと重たい衝撃と激痛が・・・そして気持ち悪くなりますね。

腹筋の5番ボディーから体力を奪っていって、さらにボディーに集中したところでストレートやフックをクリーンヒットさせる狙いではないでしょうか。

田中恒成はこの世界戦を勝つと国内では最速プロ5戦目での世界王座ということになります。

 

【スポンサードリンク】

 

田中恒成プロフィール

誕生日  1995年6月15日(19歳)

出身地  岐阜県多治見市
中京の怪物

階級  ミニマム級

身長  162cm

スタイル 右ボクサーファイター

SOUL BOX畑中ボクシングジム所属

高校   中京高校

大学   中京大学経済学部に現在在学中

家族  父、母、兄、妹の5人家族

ボクシングは小学5年生の時に兄と始める。

 

【スポンサードリンク】

 

田中恒成戦績

田中恒成の戦績はアマチュア時代

中京高校1年 山口国体を優勝

中京高校2年 インターハイ優勝

国体2連覇

選抜優勝

高校4冠

アジアユースで銀メダル

高校時代からすでに強かったのですね。負ける気なんかしなかったのではないでしょうか。

プロになったのが、2013年なのでまだ2年経っていないんです。

デビュー戦

WBOミニマム級6位のオスカー・レクナファ(インドネシア)に3-0の判定勝ち

2戦目

WBAミニマム級12位のロネル・フェレーラス(フィリピン)に3-0の判定勝ち

3戦目

クリソン・オマヤオ(フィリピン)に1ラウンドKO勝利

4戦目

OPBF東洋太平洋ミニマム級の原隆二(大橋)10回TKOで勝利

ここで、日本男子最短記録となる4試合で最速の東洋太平洋王座獲得

5戦目

今回のWBO世界ミニマム級1位フリアン・イエドラス

結果  3-0の判定勝ち

国内最速プロ5戦目で世界王座獲得に成功した。

これでプロ成績が、5戦全勝 2KO 無敗 となった。

中京の怪物と呼ばれているので、このまま怪物の快進撃を続けて欲しいと思います。

また、日本人で楽しみなボクサーの登場ですね

IBF世界ミニマム級は高山勝成が王者なので、益々楽しみ!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top