Read Article

梅沢富美男 “女形” メイクのコツとは?

梅沢富美男 “女形” メイクのコツとは?

大ヒット曲「夢芝居」で有名な梅沢富美男さん。御存知の方も多いこでしょう。“女形役者”として、御活躍をされ、芝居の素晴らしさは、もちろんのこと、その美しさと変身ぶりには、非常に定評があります。その美しさの秘密は、“メイクのコツ”にあるとか…? その他、「女形・梅沢富美男」さんの様々な魅力についても、迫っていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

“梅沢富美男” という男のこと

本名:池田 富美男
生年月日:1950・11・9 (8人兄弟の5男として生まれる。)
出身地:福島県福島市
大衆演劇「梅沢富美男劇団」第三代目座長
株式会社富美男企画代表取締役
妻は池田明子:フィトセラピスト(植物療法士)として活動中

旅役者一家に育ち、1才7ヶ月で初舞台。15才の時に、役者として本格的に活動を始める。26才の時から始めた“女形”が、人気を呼び、「下町の玉三郎」と呼ばれる程に。「百年に一度出るか出ないかの役者」とまで言われる。
1982年には「夢芝居」で歌手デビュー。翌年には、紅白出場も果たします。作詞・作曲は、小椋佳さん。とても有名な方ですよね。梅沢さんの芝居を見て、詞を書かれたといいます。だから、梅沢さんに、ピッタリの曲なのですね。
歌は、サビの部分が、印象に残る事が多いですが、この「夢芝居」のように、歌い出しが、印象に残る歌は、あまりないのではないでしょうか?本当に名曲です。

その他にも梅沢さんは、舞台・テレビ・コメンテーターなど、様々な分野でも活躍中。料理の腕前も披露しています。彼の姿は、殆ど毎日のようにテレビで伺えることができます。
そんな梅沢さんの本業は、もちろん「女形役者」 その美しさを知っている方は多いことでしょう。どのようにして、「女形・梅沢富美男」は、生まれたのでしょうか…?

 

【スポンサードリンク】

 

女形-梅沢富美男

梅沢さんが、女形を始めたのは、26才の時、お兄さんから勧められたと言います。初めは、気が進まなかった梅沢さん。独学で、女性の研究を始めます。銭湯帰りの女性を隠れて研究した事もあったとか…。
確かにお風呂上がりの女性は、何処か魅力的な所がありますよね。さすが!
目の付け所が違います!

様々な研究を重ねることで、創り上げられた、「女形・梅沢富美男」
私も初めて拝見した時、その美しさに驚きました。顔の綺麗さ、しなやかさ、色っぽさ、実際の女性以上の美しさがありました。なかなか今の時代、あんな女性は、何処を探してもいないかもしれません。

この才能を、一番先に見抜いたお兄さんは、素晴らしい人ですね。身内だからこそ、気付いた才能なのかもしれません。
60才を過ぎても、その美しさを保ち続ける梅沢さん。2013年5月2日に、御自身のブログに、“半顔メイク”を披露します。その変身ぶりが話題に…。
そのメイクのコツは、何処にあるのでしょうか?

女形 “メイクのコツ”

御自身の変身ぶりを「我ながら、怖いねー」とコメントする、梅沢さん。
まず、メイクを見て、印象的なのは、真っ白い肌とつり上がった目でしょうか? 舞台メイクなので、もちろん、濃いめですが、顔という名の白いキャンバスに美しい女性を描いているイメージなのでしょうか…?

かなり、目はつり上がり、はっきりと大きく見えるように描き、目の下側に入れる赤いラインがポイントとなっています。アイメイクに重点をおいて、目の印象を強調させているのです。
眉は、やや真っ直ぐに。鼻筋をスーッと通し、下唇は、御自身の口よりも少し小さめに描いているようです。

こうしてみると、女性が普段する美人メイクに共通する点があるのではないでしょうか?
例えば、アイメイク。色を変えれば、目力を強調するメイクになりますし、口元で言えば、ファンデーションで、本来の口の大きさをぼかし、やや小さめに唇を描くメイクの方法もありますよね?

女性を様々な視点から観察し、研究した努力の賜物なのかもしれませんね。メイクは、人を変えます。メイクの力は、無限大です。化粧品店や美容室でメイクをしてもらって、まるで別人になった自分を見た経験はありませんか?それを御自身で、実現しているのが、梅沢富美男さんなのではないでしょうか?“メイクで、人は変われる”という事をよくご存知のようです。

劇団の仕事を最優先し、地方公演の際には、レギュラー番組の仕事は、お休みをされるといいます。役者という仕事に誇りを持ち、真剣に取り組まれている証拠なのですね。これぞ、役者魂ですね。

“まとめ”

「女形・梅沢富美男」さんの魅力について書いてきました。女形役者となって40年余り。おそらく私達には、想像もできない程の数々の苦労や努力、試行錯誤があったことでしょう。梅沢さんの舞台での一つひとつの表情や仕草は、とても女らしく、観客の目を引きつけ、男性が演じていることを忘れさせてしまいます。

メイクはさることながら、表情や仕草、衣装、全てが揃って、「女形・梅沢富美男」の魅力は、引き出されているのです。舞台だけではなく、様々な分野での活動の中にも、女形の魅力の手掛かりとなるものが、隠されているのかもしれません。これからも、梅沢さんの女形への追究は、止まないと思われます。更に進化した、「女形・梅沢富美男」さんに期待が高まります。

 

【スポンサードリンク】

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top