Read Article

エリカ・アンギャルのおススめ”緑茶・太巻き“の効果と魅力とは?

エリカ・アンギャルのおススめ”緑茶・太巻き“の効果と魅力とは?

ミス・ユニバースジャパン公式栄養コンサルタントとして知られている“エリカ・アンギャル”さん。
彼女は、和食をこよなく愛し、女性が美しくなる為の食事として、和食を推奨しています。
その中から、“緑茶”と“太巻き”に焦点を当て、その魅力や効果についてお話ししていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

“エリカ・アンギャル”という人

エリカ・アンギャル プロフィール


1969年 オーストラリア・シドニー生まれ
シドニー工科大学卒・健康科学学士
予防医学・老化防止対策にも精通する栄養コンサルタント

2004年から8年間、ミス・ユニバースジャパンの公式栄養コンサルタントとして、知花くらら・森理世さんを指導。

“内側からより美しく、心も身体もすこやかに輝く”をテーマにハッピーな毎日の為の食とライフスタイルを愛を込めて発信。
ダイエットや健康・美容など数々の本を出版。
その他、講演やテレビ出演など幅広く活動している。

彼女は、「1985年、高校生の時に、交換留学生として日本を訪れ、朝から、味噌汁や焼き魚を食べる日本の食事にビックリした。」と言います。
そして、「ホームステイをし、和食を毎日、食べるうち、驚いたことに1カ月で、ニキビも肌荒れもすっかり治ってしまった。」とのこと。
(『 和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる。』 著:エリカ・アンギャル 2017年6月 学研プラス出版より引用 )

この事がきっかけで、彼女は、和食の素晴らしさを知り、和食をこよなく愛するようになったと言います。
それ以降、彼女は、様々な和食についての研究と追求を重ね、和食の素晴らしさを世の中へと発信していきます。

彼女の著書やFacebookで紹介される食事やダイエットなどの方法は、気軽に取り組む事ができると言われ、若い女性に人気があります。

 

和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる

新品価格
¥1,404から
(2017/11/18 14:15時点)

彼女が、推奨する和食には、どんな魅力があり、どんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?
その中でも、“緑茶”と“太巻き”について、お伝えしていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

“緑茶”は、強い味方!!

日本人なら、誰もが知っている緑茶。お茶には、様々な効果があり、体にいいれ、テレビ番組や雑誌にもよく取り上げられていますよね?

さて、エリカさんは、どのような点を推奨しているのでしょうか?

「最近の研究では、食事やライフスタイルを変えることなく、1日3杯の緑茶を飲むだけで、2カ月で体重が平均1.2㎏、ウエストが約2㎝減ったという結果が出たそうです。」「お腹やせを叶えるには、腹筋より1日3杯の緑茶を」
(『 和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる。』著:エリカ・アンギャル   2017年6月 学研プラス出版より引用 )

日本人なら、殆ど毎日のように飲んでいる緑茶、1日3杯飲むだけで、このような効果が出るとは、驚きです。

“海外では、緑茶は、奇跡の飲み物”とされていると、この著書の中でもエリカさんは、言っています。

又、「朝、お茶を飲むと、災難を逃れる」という言葉もあります。災いからも守ってくれるのですね! ダイエット効果もあり、体にもいいお茶。まさに、私達の強い味方です。これは、飲まない手はないですよね!

次は、エリカさん、おススめの“太巻き”、私たちにとって、どんな効果を発揮してくれるというのでしょう。

“太巻き”は、大ブーム?

美容効果とあまり、結びつかないイメージがありますが…。
今、オーストラリアでは、“Futomaki”と呼ばれ、大ブーム。

ヘルシー&ビューティーを兼ね備えた、手軽に栄養を補給できる食べ物だと言います。

オーストラリアで売られている“Futomaki”は、日本のものとは、少し違っていて、玄米や白米は少なめ、野菜・魚・ナッツ類や梅干しなど、(一部略)栄養価の高い食材がたっぷりと使われている。」

なるほど!量を変える、具材工夫するだけで、健康的な美容食に変身するのですね。

確かに、何でも好きな物を巻くことができ、バランスよく具材を入れて巻くことで、かなりの栄養が摂れる食べ物になりますよね。

家庭でも気軽に、簡単に取り入れられる、まさに健康的な美容食です。

こういった所が、若者に人気のあるエリカさん流、推奨、“ダイエット・美容食”なのですね。これなら、すぐにでも取り入れられそうです。

 

【スポンサードリンク】

 

まとめ

エリカ・アンギャルさんの、世の中の女性たちへの美の発信。
お手本にすべき点は、まだまだたくさんありそうですね。

彼女が、こよなく愛する“和食“。
2013年、和食は、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

今、和食は、世界的にも注目され、その良さが見直されています。
11月は、和食月間。11月24日は、和食の日です。

体の不調や肌の不調、体型の変化、一概には言えませんが、もしかしたら、和食を食べることが少なくなった事が、原因かもしれません。

せっかく日本に生まれたのだから、和食を毎日、取り入れてみては、どうでしょうか?

身体もきれいになって、健康になれる。これほど、嬉しい事は、ありませんよね?

まずは、取り入れやすい、“緑茶・太巻き”から…あなたの食卓に。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top