Read Article

宮崎駿「君たちはどう生きるか」題名に使った原本を簡潔に紹介!!

宮崎駿「君たちはどう生きるか」題名に使った原本を簡潔に紹介!!

アニメーションの巨匠 宮崎駿さんが新作に取り掛かっていることは知っていましたか?
2013年に、長編アニメの制作はもうしないと実質の引退宣言をされましたが、2017年になって、アニメを作るということになってます。

その新作の題名が「君たちはどう生きるか」

 

どこかで聞いたな?と思っていたのですが、最近どこかで話題になっていた本の題名でした。

 

宮崎駿「君たちはどう生きるか」題名の原本 作者

 

吉野源三郎(よしの・げんざぶろう)

編集者、評論家、作家、翻訳家。

1899年 東京生まれ。

東京大学哲学科卒業。

新潮社「日本少国民文庫」の編集主任
同文庫の最終配本として『君たちはどう生きるか』が刊行された。

岩波書店に入社後、雑誌「世界」の初代編集長を務めた。

「岩波少年文庫」の創設にも尽力した。

1981年、82歳で死去。

 

宮崎駿「君たちはどう生きるか」題名の原本 要約

 

本書の主人公は、コペル君というあだ名の15歳の少年である。成績優秀だが、いたずら好きで憎めないところのあるコペル君は、自分の見た情景や、学校の友人たちの行動をきっかけに、哲学的な考えを深めていく。本書は、そんなコペル君の日常の物語と、彼に向けて叔父さんが書いた「ノート」のパートで構成されている。

コペル君は、自分とは異なるタイプの様々な友人に出会って視野を広げるが、その中で、自分の弱さに打ちのめされる経験もする。多感な時期の少年が、友人や叔父との交流を通して精神的に成熟していくさまは少しほろ苦く、その何倍も頼もしい。読者は、コペル君の心の動きに、いつか感じたことのある感情を重ねて、引き込まれてしまうだろう。そして、叔父さんの包容力と知性によって、心の学びを新たにすることになるだろう。叔父さんは、コペルくんが落ち込んだときには、力強く、温かい言葉で激励する。そして、ときに生産関係の仕組みや万有引力の法則も織り交ぜながら、人間のあるべき姿を説く。そこには、人格者で知られる著者の人柄が存分にうかがえる。

1930年代に、若い読者へ向けて書かれた本書は、幅広い年代の読者を獲得しつづけながら今日まで読み継がれている。「君たちはどう生きるか」という問いに、あなたならどう答えるだろうか。そして下の世代に、どう答えてほしいだろうか。ぜひあなたなりの答えを見つけてほしい。

 

 

 

宮崎駿「君たちはどう生きるか」題名の原本 レビュー

主人公は、コペル君というあだ名の15歳の少年である。成績優秀だが、いたずら好きで憎めないところのあるコペル君は、自分の見た情景や、学校の友人たちの行動をきっかけに、哲学的な考えを深めていく。本書は、そんなコペル君の日常の物語と、彼に向けて叔父さんが書いた「ノート」のパートで構成されている。

コペル君は、自分とは異なるタイプの様々な友人に出会って視野を広げるが、その中で、自分の弱さに打ちのめされる経験もする。多感な時期の少年が、友人や叔父との交流を通して精神的に成熟していくさまは少しほろ苦く、その何倍も頼もしい。読者は、コペル君の心の動きに、いつか感じたことのある感情を重ねて、引き込まれてしまうだろう。そして、叔父さんの包容力と知性によって、心の学びを新たにすることになるだろう。叔父さんは、コペルくんが落ち込んだときには、力強く、温かい言葉で激励する。そして、ときに生産関係の仕組みや万有引力の法則も織り交ぜながら、人間のあるべき姿を説く。

 

 

宮崎駿「君たちはどう生きるか」題名の原本 購入

 

岩波書店出版の原作

 

君たちはどう生きるか (岩波文庫)

新品価格
¥1,048から
(2017/10/28 22:00時点)


 

「君たちはどう生きるか」マンガ(単行本)はこちら

『世界一受けたい授業』で大反響! !

漫画 君たちはどう生きるか

新品価格
¥1,404から
(2017/10/28 22:14時点)

 

人間としてあるべき姿を求め続ける
コペル君とおじさんの物語。
出版後80年経った今も輝き続ける
歴史的名著が、初のマンガ化!

 

もう一つの
「君たちはどう生きるか」マンガ(単行本)はこちら

君たちはどう生きるか

新品価格
¥1,404から
(2017/10/28 22:13時点)


 

ぜひ、どれか一冊を読んで見てください。

勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、
昔も今も変わらない人生のテーマに真摯に向き合う
主人公のコペル君と叔父さん。

そして、あなたの子供にも教えて上げてくださいね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top