Read Article

たけしの家庭の医学で「脳内物質NGF」とは?認知症予防に効果あり!手のひらタオルマッサージの方法

blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”>

手のひらタオルマッサージを1日一回10分するだけで脳内物質NGFが増えて記憶力上がって認知症予防になる?被験者猫飼ってるんだから一日一回猫を10分撫で回したらNGFが増えるのか実験して検証してほしい

— デシマル(サブ垢) (@decimal1010re) 2017年9月26日

 

【スポンサードリンク】

 

たけしの家庭の医学、脳内物質NGF、手のひらタオルマッージ

NGFとは誰の体にも存在する物質で、特に脳の神経組織を維持するのに欠かせない 物質であることが最新の研究で分かってきたそうです。 しかし、加齢とともに減少して しまい、 それにより物忘れが起きます。

 

【スポンサードリンク】

 

たけしの家庭の医学、脳内物質NGF、手のひらタオルマッージ

たけしの家庭の医学、、、 認知症、、、 母は多分あと10年くらいしたら 今のままならなり そう、、、 大腸がん、乳ガン、、、 息子の知恵や経験を いつも耳にしないから。 子供の頃 から妹のことしか あの人の頭の中にはない。

たけしの家庭の医学、脳内物質NGF、手のひらタオルマッージ

脳内物質NGF 名前が思い出せない。神経の脱落。 タオルで増やす。血流アップ。 ウオーキングしてうるくらい、脳の血流をよくする。 堀田晴美先生。自律神経学科。 「 たけしの家庭の医学」、手足の先の血流を掌っているのは脳だ、と。

 

【スポンサードリンク】

 

たけしの家庭の医学、脳内物質NGF、手のひらタオルマッージ

手のひらタオルマッージで 脳の老化を止める 脳内物質NGF量が増える 脳の活性化。 これは、凄いな、 早速やってみたい。 手のひらタオルマッージをするだけで 物忘れも改善する。 物

手のひらタオルマッサージ1日1回10分間やると脳内物質NGFが増えるんです。


最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top