Read Article

【ごめん、愛してる】1話見逃し配信動画視聴方法。ネタバレ(あらすじ)と感想!!

2017年7月9日(日)に放送された「ごめん、愛してる」1話のネタバレ(あらすじ)と感想をご紹介します。

また、リアルタイム放送を見逃した場合の視聴方法も併せてご紹介。

見逃した番組を時のショックは大きいものですね。
少しでも見逃しが少なくなるように、そして動画を視聴できればショックも和らぎますので、お役に立ててくださいね。

●見逃し配信でご覧になりたい方はこちら
U-NEXTで今すぐ視聴

◆ごめん、愛してる 1話 あらすじ

 

サトルのコンクールに付き添いとして韓国を訪れていたりんか。サトルが女の子とデートをするため、別々に帰国をすることになり、りんかは1人で韓国を歩きます。

1人で歩いていた時に、カバンを盗まれたりんかは、またまた出会った日本人だと名乗る律に助けてもらいます。

養子にもらわれ、韓国で育った律は、ある日事件に巻き込まれてしまいます。頭に致命的な傷を負ってしまい、いつ死んでもおかしくないくらいだと、病院の先生から宣告されます。

職を解雇され、行き場の無くなってしまった律は、自分を産んでくれた実母を探し出すために、日本へ帰国します。親に捨てられた時に持たされた指輪を元に、母親を探し当てます。

律は自分のことを育てることができないくらいの貧乏で毎日暮らして行くのもやっとな親だと、思い込んでいましたが、律の母親は本当の息子を溺愛する、とてもお金持ちな姿を目にしてしまいます。

そんな時に、サトルの家の前で、律とりんかは再び出会います。

◆ごめん、愛してる 1話 感想

 

律は、頭から気に入られ、兄貴だと慕われていたのに、自分を守って、致命的な傷を負った途端に、律をゴミのように捨ててしまい、そんなに簡単に裏切ってしまうのかと思うと、悲しくなりました。

自分を守ってくれた恩は無いのかな、と不思議に感じてしまいます。

親に捨てられ、施設で育った律は、怖くて人が嫌いなのかと思いましたが、人懐こいわかなを可愛がったり、サカナの面倒をみたりと、見た目と全然違うとこに、最初は驚きました。

律は親孝行をしようと日本へ帰り、母親を探し出そうと思ったのに、実際には、自分を捨てたような、自分のことを認識したくなく、捨てたのだと知り、すごくショックだったと思います。

りんかと律がこれからどうなるかは気になるところですが、律が母親をどうやって気づかせて、どうやって孝行して行くのか、母親はどのような反応を見せるのか、とても気になります。

●見逃し配信でご覧になりたい方はこちら
U-NEXTで今すぐ視聴

◆ごめん、愛してる 1話 みんなの感想

◆ごめん、愛してる 見逃し動画を見る方法

 

見逃し動画を見る方法はいくつかあるんですが、「ごめん、愛してる」の1話は、U-NEXTで見ることができます。

U-NEXTは、日本最大級のビデオオンデマンドで、映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで80,000本以上が配信されます。
PC、スマートフォン、タブレット、テレビなど様々な機器で見れますので、どんなところでも今すぐに楽しめるのが特徴です。

今では他にもドラマを見ることができるのでチェック必須!!

・ウチの夫は仕事ができない
・脳にスマホが埋められた!
・愛してたって、秘密はある。
・孤食ロボット
・僕たちがやりました
・黒革の手帖
・遺留捜査
・ハロー張りネズミ
・わにとかげぎす
・カンナさーん

今ならビデオ見放題が31日間無料でお楽しみいただけます!
しかも雑誌45誌以上が読み放題!

この無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

U-NEXTで今すぐ視聴

注)ご紹介している情報は2017年8月時点のもので、配信条件は作品が変更になっている場合がありますので、詳細は公式ホームページをご参照ください。

◆ごめん、愛してる 2話 あらすじ

 

2017年7月16日(日)に放送予定のあらすじを一足先にご紹介。

母親を探し当て、自分のことを貧乏で捨てたのでは無いと知った律は、これからどうやって母親に近づき、どのような関係を持って行くのでしょうか。

母親は律に気付き、息子として、向き合うことはできるのでしょうか。

サトルは律が兄だと知る日は、来るのでしょうか。

そして、りんかと律はこれからどのように深く関わって行くことになるのでしょうか。サトルを想うりんかは、サトルの恋こごろにどのように向き合って行くのか、気になります。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top