Read Article

平尾昌晃と畑中葉子の関係に疑問?どこまでの関係なのか

平尾昌晃と畑中葉子の関係に疑問?どこまでの関係なのか

数々のヒット曲を世の中に出してきた平尾昌晃さんが2017年7月21日、肺炎のため死去されました。

平尾昌晃と畑中葉子とのヒット曲「カナダからの手紙」が脳裏に焼き付いています。

2人の関係は様々なことが言われてきていますが、実際のところどうだったのでしょうか?
ここにきて2人の関係に焦点が当てられています。

 

【スポンサードリンク】

 

平尾昌晃と畑中葉子の関係

様々な噂が流れていますが、2人の関係はひょんなことから始まっていました。

「カナダからの手紙」はJALが主催した「空の音楽祭」に出品した作品です。

平尾昌晃さんが主宰するスクールでオーディションを行って、生徒だけではインパクトが弱いので、平尾昌晃さんも一緒に歌う企画として登場しています。

その時に平尾昌晃さんの声質に合う生徒が畑中葉子さんだったのです。

畑中を預かる第一プロが「葉子だけじゃ誰も知らないけど、平尾さんとのデュエットならいい」とすっかりその気になっていたので「1年ならいいよ」と期限を設けて渋々引き受けた。曲は「空の音楽祭」でグランプリを受賞。ヒットしてNHK紅白歌合戦にも葉子と一緒に白組で出場したが、久々のステージはちょっと恥ずかしかった。

このようなコメントを発表していますが、NHK紅白歌合戦にも出場をされていますね。

 

平尾昌晃と畑中葉子の関係

畑中葉子と言えばもう一つのヒット曲に「後ろから前から」が有名ですね。

”後ろから前からどうぞ・・・」のフレーズがたまりませんでしたね。

凄く懐かしい歌ですが、畑中葉子が復活してから新しく振付しなおしたようなので、新旧の比較を確認ください!!

デビュー当初の「後ろから前から」

2016年の「後ろから前から」

昔ほどの色気はないようですが・・・

みなさんの想像にお任せします!!

まだまだ活動中ですよ。

平尾昌晃のこれまでの病気の遍歴

1968年12月3日 結核を患い健康保険岡谷塩嶺病院への長期間入院による療養を余儀なくされ、肋骨を6本取り除く大手術を受ける。

50代には心筋梗塞

2015年1月25日 8時11分
作曲家の平尾昌晃氏が肺炎のため入院治療をしていることが24日、わかった
原発性肺高血圧症という情報もある
14年大晦日のNHK紅白歌合戦では指揮を担当していた

 

【スポンサードリンク】

 

平尾昌晃へ畑中葉子他からの手紙

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

【スポンサードリンク】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top