Read Article

yoshikiの手術結果が気になる!成功か?経過による影響は?

yoshikiの手術結果が気になる!成功か?経過による影響は?

YOSHIKIは米ロサンゼルス(Los Angeles)で今月16日、頸椎(けいつい)の人工椎間板置換術を受ける。「YOSHIKIは日本の神経外科医から、プロのラグビー選手なら引退を余儀なくされるほどの深刻な損傷を首に負っていると宣告された。心身共に限界に近づいているとの診断を受けた」という。

主治医のトミー・トミザワ(Tommy Tomizawa)氏は9日の声明で、YOSHIKIは既に左手の感覚を失っていると説明している。

YOSHIKIはドラマーですよ。
左手の感覚がないほど神経が傷ついているのはかなり重症ではないでしょうか。

2009年にもYOSHIKIは手術を行っています。

米ロサンゼルスで頸椎(けいつい)の外科手術を受けることが26日、分かった。1カ月ほど前から手足に重度のしびれが出るなど、演奏に支障を来すまでに持病の頸椎椎間板(ついかんばん)ヘルニアが悪化。ついにYOSHIKIが、首の“爆弾”の除去手術に踏み切ることになった。

 

【スポンサードリンク】

 

お好きなところからご覧ください。

yoshiki 手術 結果

2009年の頸椎(けいつい)の外科手術の結果は成功と言ってよいのではないでしょうか。

その時の術後

首 にコルセットを巻いて現れ「みんなに会いたかったから来ちゃった」と笑み。しかし手の しびれは未だ消えず、年内はリハビリに専念することが決定

 

それから8年、ついに体が悲鳴を上げたのですね。

今回の緊急手術の結果も世界のファン注目です。

良い結果が報告されることを願いましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

yoshiki 手術 成功

YOSHIKI

2009年の手術は成功している。

神経圧迫箇所を取り除く頸椎椎間孔切除(けいついついかんこうせつじょ)の手術を受け無事成功。経過良好で命や中枢神経にも別状はなく、失っていた左手の感覚も取り戻した。術後の痛み止めでアレルギーを起こし、一時は呼吸困難を引き起こす事態に見舞われたそうだが現在は安定し、早くも「フランスのライブをやらなきゃ…」と今後控えるワールドツアーを気にかけているという。

yoshiki 手術 経過

YOSHIKIの緊急手術の経過によっては、今後のスケジュールに大きな影響を与えます。

手術の経過を常にチェックして、予定されているライブの状況を確認しましょう。

現在は、

7月に日本各地のアリーナで予定されているX JAPANのコンサートに加え、未発表だったその後の世界ツアーの開催も見合わせる

 

【スポンサードリンク】

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top