Read Article

箱根山に噴火の兆候が?噴火はいつなのか2015年の可能性はあるのでしょうか?

箱根山に噴火の兆候が?噴火はいつなのか2015年の可能性はあるのでしょうか?

3.11以降、日本のあらゆるところで地震や噴火などが目立って発生しています。

これが何を意味しているのか?

それは色んな学者や預言者や研究所なんどが色んなことを発表して注意勧告など行っていますね。

箱根山も同じのようです。

噴火の兆候が見られていて、それがいつなのか?2015年内に噴火の可能性があるのか気になるところですね。

今回の現象を簡単にご紹介しましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

箱根山の噴火の兆候?

ここ数日で浅い場所を震源として火山性地震が増加しているようです。

場所は、大涌谷付近から神山付近です。

この辺りです。

箱根山付近

大涌谷では以前から温泉も有名なので、蒸気がいたるところで吹き出していますが、勢いが強くなっているようです。

気象庁の情報では、5月3日の朝から大涌谷浅部における熱水活動が不安定な状態となっているという情報が発表されている状態です。

そして、大涌谷付近では突発的に規模の小さな噴出現象が発生する可能性があるということです。

蒸気の吹き出しを見学できるような場所がありますが、危険な目に遭わないように注意が必要ですね。

ゴールデンウィーク(GW)の真っ只中でかなりの観光客でにぎわっていると思いますが、いつでも逃げられる心構えで見学してください。

地元では稼ぎ時なので、危険だ~と言うことは大きな声では言いにくいのではないかと思いますが、命にかかわることにもなりまねないので自分で守りましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

噴火の兆候があるが、噴火はいつなのでしょうか?

前述のように蒸気の吹き出す勢いが増しているとのことですが、噴火はあるのでしょうか?

誰もが気になるところですね。

特に地元の方々は心配で仕方がないと思います。

特に観光地でもありますので、客足が遠のく可能性もありますね。

それでは、噴火の可能性につてですが、今のところはすぐすぐの大噴火は予測されていないようです。

ただ、水蒸気の勢いが増しているので小規模の水蒸気爆発の可能性はありますので、いつでも避難できる用意は必要です。

過去にさかのぼると直近で確認されている箱根山の噴火は約3000年前の水蒸気爆発。

この時に大涌谷が生まれ、水蒸気爆発によって引き起こされた土石流により仙石原湖の半分以上が埋没して仙石原となり、また早川の上流部(現在の湖尻付近)がせき止められて芦ノ湖が誕生した。

と言われています。

逆に言うと、3000年もの間何も起こっていないということになりますね。

私たちの歴史から考えると3000年ってかなり長い年数だと思われるかも知れませんが、地球の歴史から考えるととても短い期間なのです。

地震や噴火などは地球規模で考えないといけないのです。

まだまだ何も起きないだろうという心がいざと言うときの行動が取れなくなりますので、できるだけ気にしてもらいたいですし、

時間が経っても忘れないような心がけでいて欲しいと思います。

十分に気をつけて観光も行ってくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top