Read Article

ゆりやんレトリィバァがピアノや書道で多才!!TEPPENでも優勝する腕前だった?

ゆりやんレトリィバァがピアノや書道で多才!!TEPPENでも優勝する腕前だった?

ゆりやんレトリィバァさんが英語以外でも多才ぶりを発揮しています。

ピアノと書道で見かけからは想像できない上手さ!!

普通のデブではなかったので、勝手に決めつけてしまっていた自分に反省です。

「人は見かけで判断してはいけない」

それにしても、ストリートダンスが出来たり、英語ペラペラだったりと隠れた才能を発揮しだしたゆりやんレトリィバァさんですが、他にどのような特技を持っているのか未知数ですね。

今回はピアノと書道についてその上手さの秘密に迫ってみたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

ゆりやんレトリィバァのピアノの腕前

 

ピアノの上手さってどの程度が上手いのか分からないのですが、まずはこの動画で確認!!

 

どうですか?

上手い?

たぶん、芸人にしては上手いレベルなんじゃないですかね。。。

見た感じだと、小さな頃からやってきているって感じには見えますが、大会に出て入賞しているとかのレベルではなさそうですね。

完全に指が短すぎて親指と小指を精一杯広げて弾いているように見えます。

でもでも、、、

この容姿からあのピアノの演奏ができるなんて誰も想像すらしていなかったので、初めて見たときは、感動すらしました!!

えっ、なんで弾けるの?
という驚きももちろんありましたね。

まんまるした指を必死に伸ばして鍵盤を弾いているのをみて、少し息苦しさも感じた次第です(^^♪

しかし、小さい頃から習っていたとしても途中でやめるなんてことはしてこなかったということなので、コツコツ頑張り屋さんなんでしょうね。

 

【スポンサードリンク】

 

ゆりやんレトリィバァの書道の腕前

そして、もう一つの特技が書道なんだそうです。

今まで書道が好きだなんて知らなかった。

書道が特技だとプロフィールにはありますね。

ただ、誰もが気にしてなかった項目です。誰も興味を示さなかったというのが本当でしょう。

ゆりやんレトリィバァさんの書道にはこれっぽっちも興味がなかったはずです。

それが、注目を浴びたのが、フジテレビ系「金曜プレミアム・TEPPEN 2017 冬の陣 超本気対決!」です。

「書道対決」というものが企画されていました。

その対決に挑んだのは、

芸能界の書道自慢

哀川翔(55歳)

伊藤かずえ(50歳)

中山秀征(49歳)

昨年12月にモデルでタレントのりゅうちぇる(21歳)と結婚したモデルのぺこ(21歳)

ゆりやんレトリィバァ(26歳)
この6人でTEPPENを競い合いました。

書道なので、文字を書いて競い合うのですが、お題は、

「優」の一文字

結果を知る前に、それぞれの腕前、段位を確認しましょう。

哀川翔(55歳)    初段

伊藤かずえ(50歳)  3段

中山秀征(49歳)   特待生

ぺこ(21歳)     7段

ゆりやんレトリィバァ(26歳) 8段

うおー!!

思いがけない方々が凄い段位を持ってますね。

7段とか8段とか普通に努力していても取れない段位ですよね。

ところで、中山秀征さんの特待生って何なんでしょう。

疑問に思ったので調べました。

特待生って段とは違うのか?

特待生っていうのは簡単にいえば学童部の最上位の段位ということを表しています。

段位でいえば中学生であっても8段までとることができますよね。ここまでこれたらもう大人の課題、つまり成人部に入ってもいいですよ~という意味合いで使われています。

まあ中学生までに特待生になったら高校生以上が手本を受けるよりも安くすむというメリットもあるみたいですね。

ちなみに書道の段位というのは資格ではありません。あくまで各団体が独自の基準で設けたものであり、Aという書道団体の5段とBという書道団体の5段が同じ実力とは限りません。

書道は成人部と学童部があり、階級もそれぞれ違っています。学童部というのは中学生までのことをいいます。成人部は高校生以上です。
なるほど、特待生ってのは小中学校時代の最上位の段位なんですね。

そして、ぺこさんや、ゆりやんレトリィバァさんの7段・8段はとても凄い段位だというのがわかります。

しかし、流派によっては8段が最高位だったり、10段まであったりと違うようです。

なので、3段と5段だと5段が上手いように思われがちですが、実は3段の方が上手かったりするわけなんです。

少しだけ賢くなりました!!

では、「金曜プレミアム・TEPPEN 2017 冬の陣 超本気対決!」の結果です。

優勝は、

「ゆりやんレトリィバァ」

こんな賞を取るのは初めてだそうですよ。

それぞれが書いた「優」の文字がこちらです。

哀川翔(55歳)    257点
20170225_ゆりやんレトリィバァ3

伊藤かずえ(50歳)  254点

20170225_ゆりやんレトリィバァ4

中山秀征(49歳)   274点

20170225_ゆりやんレトリィバァ5

ぺこ(21歳)     270点

20170225_ゆりやんレトリィバァ6

ゆりやんレトリィバァ(26歳) 278点

20170225_ゆりやんレトリィバァ7

ゆりやんレトリィバァさんが優勝したことはシロウトの私でも一番上手いって思います。
文字のバランスが最も綺麗ですよね。

なんか、「優」って文字なんですが、心のやさしさがにじみ出ているような感じを受けます。

英語もペラペラ、ピアノもバリバリ弾けて、書道も優勝!!

凄い腕前です。

芸人でなくても生きていけますよね。

もう今の認知度で英語・ピアノ・書道を教えます。なんて宣伝しちゃえば毎月生活できるだけのお金はもらえます。

ここで少し疑問なのですが、ゆりやんレトリィバァさんって実はお金持ちなんじゃないですかね。

最後に「R-1ぐらんぷり2017決勝進出」の特別映像です。

こちらです。

【関連記事】

➡ゆりやんレトリィバァの父母姉の家族が応援!!父はアーティストだった?

➡ゆりやんレトリィバァは英語がなぜ上手いのか?英語力ハンパないね!!

➡ゆりやんレトリィバァの英語とピアノのこいつ凄い!と思わせる実力に驚き!!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top