Read Article

スーパームーンが2016年11月に現る!!大地震が起こるリスク!!

スーパームーンが2016年11月に現る!!大地震が起こるリスク!!

今年最大のスーパームーンが2016年11月に現れます!!

2016年の今年は既に2回のスーパームーンを観測できましたが、なんと11月のスーパームーンは21世紀最大の大きさであることからすでにお祭り騒ぎです。

このスーパームーンが地震との関係がささやかれているので、良いものか悪いものか判断が付けにくいものとなっています。

すっごく大きなお月さまを見てみたいし、地震が来るんだったら現れないほうがいい。。。

当然そう思ってしまいますね。

今回はその地震との関係も探ってみようと思います。

ではまず、スーパームーンってなんのことだろうって思う方も多いのではないでしょうか。

スーパームーンのこと

なぜスーパームーン

月は地球を中心に楕円形の円を描いて地球の周りを回っています。

皆さんはその回っている月を見ているわけですが、晴れた日の夜空にはとてもきれいな月を見ることができますね。

楕円形で回っているということなので、どこかのタイミングで地球に一番近寄るときがあります。

その近寄ったときには、お月さまは普段より近くにあるわけですから大きく見えるというわけです。

通常の月の大きさとは比べ物にならないくらい大きく見えるので感動ものですね。

その状態が普通より大きいので「スーパームーン」という呼び名になっています。

 

【スポンサードリンク】

 

2016年11月14日のスーパームーン

2016年11月14日の満月は68年ぶりの大きさらしい。

どれだけ大きいのか想像がつかないと思いますが、「ほおーーーー!!」と叫んでしまいそうになるくらいの大きさなので、是非見逃すことがないようにこれから書く内容をメモって携帯ににでも貼っていてください。

国立天文台によると、「11月14日は月が20時21分に近地点(地心距離 約35万6千キロメートル)を通過し、南中時刻の少し前の22時52分に満月」になると書いていました。

まず、第一の「ほお」

なんのことやらさっぱりわかりませんね。

簡単に言うと、11月14日の22時前後に綺麗な満月が見れますよ」ということです。

そして、どれだけ大きいのかというと、

「満月の瞬間の月の視直径は約33分30秒角で(角度の60分は1度に等しい)、今年最小だった4月22日の満月の29分24秒角よりも1割以上大きくなる。」

はい、きました。第二の「ほおー」

全く大きさが想像できない・・・

これは、NASAの表現がわかりやすかったので、それを紹介します。

「近地点の満月は、遠地点の満月よりも最大で14%大きく見え、30%明るくなるという。」

うんうん・・・

これならなんとなーくわかるような気がする。

そして、なぜ大きく見えるのかは距離

2016年11月14日の月と地球の距離は、1948年1月26日以来68年ぶりの近さになるようです。

これを逃した場合、また68年後か?

と思いきや・・・

次にこれ以上近づくのは、18年後の2034年11月24日だということです。

まだ、死ぬまでに見れそう!!

 

【スポンサードリンク】

 

スーパームーンと大地震

満月が大きく見えてキレイに見えるとなるとウキウキしながら楽しめるスーパームーンですが、自然災害や地震などの災害が起こる可能性があるということが言われています。

なぜ大地震が起こるのか?

スーパームーンが起こると大地震が起こる可能性があると言われています。

なぜ、大地震が起こるのでしょうか。

月には引力というものがありますが、その引力が影響しています。

引力が地球に働くと潮の満ち引きが起こりますね。

普通に耳にする潮の満ち引きですが、潮の満ち引きを起こすパワーがあると思うと、凄い力を感じませんか?

目に見えない大きな力を持っているということを認識しましょう。

月だけでなく太陽との引力が地球の地殻変動に大きく影響を与えているということが明らかになってきているようです。

「月の引力が強く働く時に巨大地震が起きやすい」という論文も発表されてます。

過去のスーパームーンと関係がありそうな地震

過去にあった大地震とスーパームーンの関係ですが、いくつか疑わしいものがありそうです。

1993年

スーパームーンから4ヶ月後に 北海道南西沖地震

2011年

スーパームーン1週間前に東日本大震災

海外

2005年

スーパームーンの2週間前にスマトラ島地震

2011年

スーパームーンの5日後にミャンマーでM6.9の地震

2012年

スーパームーンの8日前にトンガでM6.6の地震

このように実際にスーパームーンの前後に発生しているのがわかりますね。

2016年11月14日のスーパームーンは68年振りの大きさになるということはそれだけ近く引力も強く働いてしまうんです。

ちなみに、2011年の東日本大震災いのときは、スーパームーンの中でも「エクストリーム・スーパームーン」と呼ばれるものでありました。

「エクストリーム・スーパームーン」とは地球が月に最も接近してから、前後1時間以内に満月または新月を迎える事を言います。

今年のスーパームーンはウルトラスーパームーンとも言われますので、大きな力が働くということは確実!!

何かあるという意識で日々を過ごすことは重要かもしれませんね。

備えあれば憂いなしです。

しかし、何も起こらないことを祈ります。

皆さんが楽しくスーパームーンを見られることを。。。

【こちらも良く読まれてます!!】

➡ブラックフライデーは日本で受け入れられるのか?イオンやトイザらスは儲かったのか!

土屋太鳳と山崎賢人のピンキーリングってなんだ?いいことでもあるの?

➡小林麻央は新薬効果で回復か?オプジーボ(ニボルマブ)の値段がハンパない!!

➡箱根駅伝予選会結果2017(第93回)大波乱が起こった!!

➡小林麻央の人参ジュースはがんが消える効果があるんだって!!なぜ人参なのか?

➡「SMAP 25 YEARS」の投票結果と収録曲の速報!!

➡岸英明って何者よ!キンタローが惚れちゃう筋肉ステキな熊切あさ美の親戚だった?

➡武井咲の指毛画像が衝撃的!!「せいせいするほど、愛してる」9話

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top