Read Article

大鶴義丹の嫁泰子や父の拳銃乱射がやばいんです!

大鶴義丹の嫁泰子や父の拳銃乱射がやばいんです!

ここ最近は、40代の俳優が重宝がられていると話題になっています。

その中でも大鶴義丹さんについて調べてみましたので紹介します。

まずは、簡単にプロフィール紹介

大鶴義丹プロフィール

大鶴 義丹 (おおつる ぎたん)

生年月日 : 1968年4月24日

俳優の他に映画監督でもあり、小説家でもあります。

出身 : 東京都杉並区

父 : 唐十郎(から じゅうろう)

母 : 李麗仙(り れいせん)

両親の名前を見ると少し怪しい家系の息子という印象ですよね。

両親は後ほどご紹介するとして、大鶴義丹のこれまでの経歴などご紹介しましょう。

大鶴義丹のことはこれで大枠がわかりますよ。

 

【スポンサードリンク】

 

大鶴義丹のこれまで

大鶴義丹は劇作家の父:唐十郎と女優の母:李麗仙の長男で、高校の頃から活躍してきました。

大のバイク好きで、芸能界きってのメカ通であると言われています。

大鶴義丹はこれまでに2回の結婚を経験しています

1回目の嫁はご存知だと思いますが、歌手のマルシアさん。

マルシアさんは日系三世で、演歌歌手として「ふりむけばヨコハマ」でデビューされた方です。

2回目の嫁は一般の女性。

なぜ、マルシアさんと離婚したのでしょうか。

離婚は2004年9月。

原因は大鶴義丹が自宅に浮気相手を連れ込んだところをマルシアが目撃したことによります。

今騒がれている矢口真里の逆パターンですね。

母親の李麗仙は昨年テレビ出演したときに、息子を肯定するわけではないけど、男だけが悪いんじゃない。

とのことを言っていましたね。

確かにそうですが、8割方は男の責任でしょう。

マルシアさんとの間には娘が1人いるんです。

そして2回目の一般女性とはスピード婚だったそうです。

高校からの友人で、「泰子」という方です。

泰子さんは43歳で初婚でしたので、二人の間には子供は授かっていません。

そして寛大な心のもち主でもあり、浮気についてある番組で語った内容が衝撃でした。

それは、「浮気は別に構わない」といわれたそうですが、泰子さんがブライダル関係の仕事をされている関係があるようです。

やばいくらい男にとって良い嫁ですよね。

でもこれで浮気をしたらどれだけの非難をあびることかと思うと浮気できませんね。

逆手をとった言葉だったのかも知れませんね。

こんな経歴の大鶴義丹、最近がテレビでの露出も少しずつ多くなってきていますね。

昨日は、モニタリングにでて儲け話に乗ってくるかどうか試されていましたよ。

そして父である唐十郎(から じゅうろう)がこれまたやばいんです。

 

【スポンサードリンク】

 

唐十郎がやばい

唐十郎は20代に劇団を立ち上げたんですが、資金が乏しく李礼仙(李麗仙の旧芸名)と「金粉ショー」をしながらキャバレーを巡り、芝居の資金や紅テントの購入費用を調達していたような人物です。

喧嘩武勇伝はかなり持たれているようで、暴力行為や野坂昭如とも新宿ゴールデン街の飲み屋で大喧嘩などが有名なんです。

他にも作品へのこだわりが非常に強いようで、「拳銃乱射事件」が有名です。

リアリティを追求するあまりに「任侠外伝・玄界灘」の撮影中に本物の拳銃を使ってしまって逮捕されています。

そんな父親、家庭で育った大鶴義丹はある種、特別な環境で育ったんじゃないかと思います。

このような環境で育ち、俳優、監督などで活躍してきているので、これからの芸能界において素直な意見を率直に発言できる人材として重要な役割を担ってます。

これからの活躍を期待します

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top